仕事の基本的な進め方

最終更新: 3月27日


◆時間

 

確かに、他の人たちよりも成果を上げている人が、必ずしも長く働いているとは限りません。むしろ9時〜5時までの時間内で、人一倍、成果を上げている人が大勢います。


 日本のある損保会社の代理店営業で、何年にもわたってその会社一番の成績を上げ続けている人は、「一年を十二カ月あると考えるからダラダラするんだ。私は十一カ月しかないと決めて、その中で最高の成果を出すことにしている」と言っています。

 

 そういえば、「時間さえかければとは、誰しもが思いがちなことである」というビジネスの金言もあります。

 

 となると、時間ばかりかけて成果はそれほど上がっていないとしたら、創意工夫が足りないと言われても仕方がないことでしょう。

 

 時間もコストです。費用対効果や生産性を考えれば、できるだけ残業をしないで、しかも今まで以上に成果を上げたいものです。

 

◆基本


 それでは、そのための「仕事の基本的な進め方」を整理してみましょう。


1. 分かったつもりにならず、仕事を指示した人にその仕事の「目的・求められる成果」を 確認する。


2.その際、他の仕事と重なっているような場合は、安易に「YES」と言わず、正直に事情 を説明すること。


3.そのうえで、引き受けたならば、時間配分の見通しの「計画」をしっかり立てる。


4.そして、その通り「実行」し、変化の有無に関係なく中間の「進捗連絡」をする。


5.「ダラリ(ムダ・ムラ・ムリ)をなくす」観点でその結果を「反省」し、そこから改善の ポイントをつかむ。


6.そして、必ず「報告」する。

 

もちろん、仕事のスキルを今以上に上げることが大前提ですが、以上を参考にしてみましょう。

タグ:

関連記事

すべて表示

試行錯誤の新人育成

「シャドウワーク」という育成方法がある。 簡単にいうと「育成対象者が、先輩の仕事の流れをそのまま何度もトレースする」というものだ。やがて必要なスキル、知識を持ったところで、先輩の仕事の一部を代行させる。 徐々に、代行させることを増やし、最終的に一人でできるまでに持っていく。

非公式組織の有効性

組織の中で、自然発生的に仲の良いグループ(非公式組織)が生まれることがある。 A:たまたま、休憩時間が同じで、ランチをいつも一緒に取るようになる。 趣味が一緒であることが分かり、休日にも会うようになる。 帰る方向が同じということで、「〇〇沿線会」のようなものができたりする。 B:新入社員には指導員がつくことが多い。 新入社員と指導員の関係は、指導期間が終わっても続いたりする。 その指導員にも指導員

成長しないのは会社のせい?

成長しないのは会社のせい?努力の主体は自分 ジェックでは、新入社員向けに「学生意識から、企業人としての意識への切り替え」を目的とした研修を行っています。なぜなら、学生のことの意識のままで、企業でうまくいくとは限らないからです。 例えば、学生は授業料を払って学校に通います。とこ