Impossible is nothing! 「できる」を前提に考えよ

「できる」を前提に考えると、勇気と知恵が湧いてきます。たとえ途中で困難が訪れても、「できる」と信じているわけですから、さまざまな方向からチャレンジしていくのです。

 それには、自分の可能性を信じるしかありません。「自分はできるんだ!」と。

 残念ながら、営業の中には自分の能力を過小評価し、可能性を信じられない人が多くいるようです。

Impossible is nothingという言葉をご存じでしょうか? 大手スポーツメーカーのキャッチコピーとして使用されていたので目にしたことがあるかもしれません。

 直訳すると「不可能なんてありえない!」。

 やる前から負けていていいんですか? それでは単なる負け犬です。やってみなければ分からないじゃないですか。

 自分を信じ、「できる」と考え行動している人だけが、勝者になれるのです。

 つまり、目標達成においては、

【「どうせできない」のだから(因)、「そこそこがんばってみても」達成できないのは仕方ない(果)】  ではなく、

 【「できる」と信じることで(因)勇気と知恵が湧き、目標は達成できる(果)】

 という行動理論が「成功の行動理論」なのです。

 「がんばります!」と言っているあなた。

 努力目標になっていませんか?

1回の閲覧

関連記事

すべて表示

なぜ、成功事例が社内で共有できないのか

お客様の暮らしを創造する営業 なぜ、成功事例が社内で共有できないのか勉強会で得た知識や情報を「自分のために使うか」「お客さまのため」に使うかで、その結果は大きく違ってきます。トップセールスたちの成功の秘訣は、「やり方」にあるのではなくて、「考え方(スタンス)」にあります。

トップセールスの強い武器「提言シート」

お客様の暮らしを創造する営業 トップセールスの強い武器「提言シート」をコミュニケーションツールとして利用しながら段階を踏んでお客さまとの関係を創っていき、「超提案」につなげていく。