「当たり前」の外側にチャンスがあるらしい

ふらっと立ち寄り、1g単位で食べたい量をオーダー、立ったままでステーキをほおばる。


今となっては、どうということはないが、初めてその存在を知った時の、実際に行った時の驚きはかなり新鮮なものであった。立ち食い、立ち飲みということ自体は特別なことではないはずだが、「ステーキ」をとなるとやはり新鮮な驚きであった。


私たちはいつも何かしらの「当たり前」にとらわれている。その「当たり前」の外側に新しいチャンスがあるらしいのだが、そもそもどんな「当たり前」が自分を縛っているのかすらわからない。


まずは自分が口にする「当然・・・」「~~なんて当たり前」「そんなの常識でしょう」という言葉をメモすることから始めるのはいかがだろうか?


株式会社ジェック 越膳 哲哉

4回の閲覧