人工知能は人間の仕事を奪う敵か、強力にサポートしてくれる味方か

世界で起きているニュースをOntimeで分析し、投資判断をAIが行う。


Kensho Technologies社によるものである。


世界中で起こる重要なニュースが報じられることをフックして、高いレベルで連動する可能性がある銘柄がはじき出され、売り買いに直結させることができる。「中央アジアのある地域で1年間の気温変動に特異な推移が見られたときに最も高い収益が想定できる会社はX社」、「A国B国の政府首脳による会談が今世紀初めて行われることが決定した時にもっともマイナスの影響を受ける電子部品メーカーはY社」などがはじき出されることになる。


また「Cogito(コギト)」というサービスがある。


カスタマーサービスの担当者を支援するシステムである。電話応答時の「顧客と担当者」両者の会話内容をモニタリングし、センテンスのボリュームや使用頻度の高い言葉は何か、スピード、声量から測定される感情などを分析し、リアルタイムで担当者のディスプレイに、よりスムーズなコミュニケーションを進めるためのサジェスチョンが示される。


もちろん従来からコールセンターでは会話の記録は行ってきている。しかしリアルタイムで傾向性分析を行い、かつアシストとなると難しい。CogitoはCS度を数値データとして管理できるようになる可能性を秘めている。


人工知能は人間の仕事を奪う敵か、強力にサポートしてくれる味方か、いずれに向かうのだろうか?


株式会社ジェック 越膳 哲哉


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

お客さまとのパートナー関係への扉を開く“うちあけ”その②

アイデアを出し合い、共通課題で合意する 「共通課題づくり」が商談におけるツボ中のツボであり、ここを押さえるか否かが、商談の正否を大きく左右します。 個別提案型商談の定義を確認しておきましょう。 「お客さまと営業担当者が一緒になって作り上げた共通課題の解決策の提案で、効果効率を上げ

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED