コミュニケーションの不思議さ

コミュニケーションの不思議さである。


弊社の研修では「このコースの狙い」という項目で、何のためにこの研修を受けるのかその目的や参加者にとっての意味を考え、共有することから始まる。


そこで「最初に研修を受ける目的と意味を理解しておきましょう。なぜならばそこをしっかり理解していないと参加意欲が低下し、消極的になってしまうかもしれません」と伝えるのと、「なぜならば、目的や意味が明確になっていれば、より積極的に参加しやすくなるし、学びや気づきもより多く得られます」と伝えるのでは、参加者の表情が違うのである。


そしていずれの表現で伝えるのかは、伝え手側の基本的な考え方に起因する。伝え手が「人間は危機感を持たないと動かないもの」と考えているか「人間は未来が見えれば動くもの」と考えているかによるのである。


いずれか一方が正解で一方が不正解ということではない。状況によっていずれも使えれば良いのである。


しかし、2つの考え方のいずれか一方がより深く信念化していると、使用頻度が変わる。


そして使う能力は磨かれるが使わない能力は低下する原則に従い、得意不得意が出てきてしまう。そして不得意なものはますます使わない。


自分の得意なことは何か?なぜそれが得意になったのか?たまに振り返ることで、自分の力量を高めるヒントが得られるかもしれない。


株式会社ジェック 越膳 哲哉

0回の閲覧

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED