電子結婚証

中国では、外出する際にスマホさえあればよいという状態がすっかり習慣付いている。現金などほとんど持たない。結婚証も同じ状況になりそうである。支付宝(アリペイ)と提携して開発した「江蘇政務」2.0バージョンにおいて、電子版の結婚証を全国で初めてリリースしたことを江蘇省政府が発表した。


中国において、結婚証というものは単に婚姻関係を証明できるだけにとどまらず、住宅購入のローンを組む時、不動産立ち退き、遺産相続、財産の公証といった様々なシーンで必要となる。また婚姻関係にトラブルが生じ、相手を訴えたいという場合にも、結婚証は欠かせないものである。しかし結婚証を取得した後、そのままどこにしまったか忘れてしまい、手続きなどで急に結婚証が必要になった時になって、あちこち探しても見つからないという人も少なくない。


しかし江蘇省では、このプログラムにより、婚姻届を提出している夫婦は、アリペイの「江蘇政務」を検索してアクセスし、「私のカード」なるもので顔認証をすれば、すぐに実際に発給されている結婚証に対応した電子結婚証を取得することができるのである。


このプログラムをベースに、結婚証再発行予約や婚姻届情報チェックといったサービスの提供がすでにスタートされている。今後さらに様々なシーンでのアプリケーションを現在開発中とのことである。


株式会社ジェック 越膳 哲哉

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

お客さまの問題意識を引き出す「話題選び」、「信頼関係づくり」その②

お客さまの心の変化こそが信頼関係の芽生え 私たちがお客さまの悩みに関して真剣な態度で接するからこそ、単に「心を開いた」だけの状態から、真の信頼関係構築へと一歩前進することができ、その証がお客さま側からの「売り買いの話に発展し得る」相談事なのです。 アプローチの成功は、心と同

お客さまの問題意識を引き出す「話題選び」、「信頼関係づくり」その①

「話題選び」には事前の準備が必要 「話題選び」と「信頼関係づくり」がお客さまの悩みを引き出す 確かに理屈で考えれば、お客さまの幅広い仕事上のお悩みが、自分の扱う商品にかかわることにつながってくるなど、偶然か、あるいは強引に結びつけること以外にないのではないかと思えてしまうかも

お客さまの心の中の内なる「気づきの種」を育てる

問題意識を引き出すには 営業の方の胸の中に、ある不安が持ち上がるのではないでしょうか。 「お客さまの仕事の悩みを聞いたって、オレたちの売るものの話に結びつかなけりゃ時間の無駄だよな」 あるいは、 「どうせ最後にはオレたちの売るものに話を持っていくんだから、遠回りに伝えたって

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED