オランダ・ベルギーのたび アントワープ

「フランダースの犬」の舞台の聖母大聖堂(世界遺産)



名作アニメ「フランダースの犬」のラストシーン。

「パトラッシュ……疲れたろう。僕も疲れたんだ。なんだかとても眠いんだ……パトラッシュ……」

主人公の少年ネロはこうつぶやいて、愛犬パトラッシュとともに永遠の眠りにつく。

このラストシーンは有名ですが、

ネロが見たかったルーベンスの絵とその後のシーンがかぶって見えました。


大聖堂の天井に描かれた絵から天使たちがゆっくりと舞い降りてきます。天使たちはネロとパトラッシュをそっと抱き上げ、天に昇っていきます。

美しい賛美歌とともに。


童話ですが、あれほどネロが見たかった絵が目前にあるのが不思議な気分。

絵にはいたずら心でルーベンスの飼い犬が描かれており、「あれがフランダースの犬のバトラッシュだ」と堂々と説明している日本人のツアーガイドがいるらしい。(笑)



素晴らしい絵が、聖母大聖堂のステンドグラスに囲まれて、過去もこの先もずっと存在し続けるのでしょうね。



8回の閲覧

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED