公平と平等

公平と平等


似て非なるものである。何が違うのだろう?


例えば食卓にある一枚のピザを、部活を終えた体の大きな兄、ついさっきケーキを食べた幼い妹、仕事から疲れて帰宅したばかりの父親との3人で分けて食べるとしよう。

この時、いろいろな状況や個々の思惑を考慮しながら3人ともがもっともだと納得するサイズに切り分けるのが、公平を重んじる行動である。


平等は等しい大きさに機械的に三等分することである。「公平」と違い「平等」は切り分ける道具があれば良い。体の大きさも、どれだけ疲れているかも、それぞれにどんな想いがあったかも関係なく、機械的に分量を均等にする。ゆえに平等を突き詰めると、「状況」「個々の想い」などが無視され、「もっともだ」という納得感が失われる。かえって様々なひずみが生まれてしまうのである。


平等にするのは道具があれば誰でも簡単にでき、楽であるが、公平にするには判断力と説明力が求められる。


「平等」という言葉に逃げていては、マネジメントはできない。


株式会社ジェック 越膳 哲哉

0回の閲覧

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED