組織の安全文化を醸成する ~行動理論を見つめる~

ヒューマンファクター論でいうエラーを起こす3つの特性として、以下のことが挙げられます。

1.間違え(見・聞・言・認識)

2.不注意

3.楽をしたがる


たとえば、現場でエラーの少ない人には以下のような行動特性が見られます。

生活リズムがきちんとしている → 体調維持がしっかりしている → 注意力が維持される


こうやって行動特性を見える化し、改善すると同時に、それを支える行動理論を見つめることで、一人ひとりの価値観をメタ認知することが、自分自身や組織を変えるきっかけとなります。


前述の行動特性の場合、ある企業におけるワークショップでは以下の回答となりました。

体調管理を万全に(心得モデル)

体を整えれば、心が整いエラーが防げる(因果理論)

心と体は同一(観)



例えば、現場でありがちな行動理論を洗い出し、組織でメタ認知することで、安全文化の醸成を進めることが可能となります。


(例)

法律やルールさえ守っていれば責任を取らされることはない

お客様が望むのだから無理をしてでも提供しなければならない

気を付けたところで失敗するときは失敗する

仕事はとにかく無駄を省いて成果さえ出せれば良い

とにかくやってみないことには何をすればいいかはわからない




関連記事

すべて表示

【商談の壁を乗り越える!】住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない

住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない 私は、お客さまには比較的よい印象を持っていただき、打ち解けた雰囲気で商談を進めることができています。 また、商談においては、常にお客さまの心を開いていただいてからでないとリサーチ(お客さまの本音

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

ばらつきを生かす

工業製品以上に、人間のやることは、もっとばらつきが大きい。 いくら標準化しようとも、人によってやり方や考え方は違ってくるものだ。 ある程度一定のルールややり方で縛られている業務であれば、アウトプットの差は少なくなるだろうが、同じ業務でも人によってそのスピードや手順が変わっているこ

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED