【まとめページ】営業部門変革は企業変革!顧客エンゲージメントを組織で高める!

最終更新: 8月2日

このコラムは、一般的によくお伺いする課題や課題解決策を想定しながら、

実際の弊社の実例ケースを元にまとめました。


弊社の具体的な課題は、

①組織的な活動を強化したい

→(背景)そもそも専門家集団であるため、それぞれの部門の活動に集中しがち。

②ベテラン営業揃いでスキルに自信があり、ノウハウが属人的

→(背景)その顧客は担当営業のモノという価値観が強く、数字をあげているがゆえに自分流で顧客対応しがち。

③組織の情報管理が苦手

→(背景)各人が自分のスキルを発揮するための情報管理をしがち。


つまり、顧客の経営課題解決を提供するプロフェッショナルな集団であることから、

個々のスキルアップに目が向きがちです。

それを、どのように克服してきたのか、という一例をご紹介しています。


ぜひ、お読みください。


1.営業部門の課題とは

2.今後の方向性

3.ジェックの取り組み

4.苗床活動とは

5.組織での役割分担

6.顧客のランクアップ

7.組織全体で顧客を開拓する~事前準備編~

8.組織全体で顧客を開拓する~お客様へのアプローチ開始編~

9.顧客との関係性を進化させる

10.顧客との関係性を進化させる~社内巻き込み~

11.新人の活躍

12.新人の教育①

12.新人の教育②

最新記事

すべて表示

「仕事上の悩み」を切り口とした個別事情の聞き出し方

「アプローチ」からの自然な流れで「リサーチ」へ 今までご紹介してきた商談の四つの流れとその目的を、もう一度整理しておきましょう。 ①アプローチ・・・お客さまの心を開かせる ②リサーチ・・・個別事情を聞き出し、共通課題で合意する ③プレゼンテーション・・・共通課題の解決策を提案

お客さまの「心の扉の鍵」を外すには

お客さまの「心の扉の鍵」を外すには、世間話が有効です。 世間話とは、どんな話題を、どのように展開することになるのでしょうか。 それは、「職場環境をほめる」ということです。 職場環境を話題の初めにする理由は二つあります。 一つ目は、本人の個人的なこと(体つき、人格、ファッションセン

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED