創造的な人と組織をつくる!問題解決力


1.今、なぜコンセプチュアルスキルが必須なのか


今、社会は、正解のない時代から未知の時代となった。

未知の時代に立ち向かうには、人と組織が過去のやり方にとらわれることなく、未来に向かって創造的にコンセプチュアルスキルを発揮することが必然だ。


それを可能にする中核に「問題解決能力」がある。それを通じて、物事の本質を的確にとらえることによって、個人や組織の持つ可能性を最大限にまで高めることができる。


役員・部長だけでなく、マネジャー、一般社員に至るまで、私達は日々問題解決を迫られている。そこでは単に1+1=2という解を導き出すのではなく、1+1=2+αの「+α」をいかに創造的に導き出すかということだ。



2.問題解決の構造を知る


日々の問題解決を創造的に導き出すために、問題解決の構造を知る必要がある。

ここでは、問題解決チャートに基づいて一例として紹介する。


①問題設定(『題』問題)

「正確に問題を設定しなければ、問題解決は先に進まない」という通り、問題設定は重要なプロセスの一つ。


②③問題により発生する不具合(『苦』現状認識 ➡ 重要な苦)


④⑤問題の原因を分析する(『集』原因究明 ➡真の原因)


⑥目標とそのプロセスの設定(『滅』目標設定)


⑦問題解決の方針を決める(解決の鍵)「解決の鍵」とは、問題解決のコンセプトであり方針。

弊社では、このコンセプトメイクが、問題解決には不可欠であると考えている。「コンセプチュアルスキルの中核能力は、問題解決能力である」と申し上げている理由はここにある。


⑧ 方針に沿った解決策の抽出(『道』解決策づくり) 


⑨アクションプラン作成による問題解決の行動化

ここでは、今