「読み、打ち、当てる」思考回路を磨く


1.「読み、打ち、当てる」思考能力の強化の重要性


某企業から先般ご相談いただいた内容だ。


●今年度方針に、「マーケティング力強化」が打ち出されている。

マーケティング発想を持ち、ビジネスプランを立て、実行して、検証する。そのビジネスは儲かったのか否か、今後儲かる可能性があるのか、検証したい。


●意図して前述のことに組み込まないと、実務においては、マーケティング発想が磨かれない実態がある。


●近未来を考えると、市場環境が変化していく中で、その変化に対応していくだけではなく、変化の兆しを掴み、変化を先取りして、仕掛けていける人材を育てていきたい。


●特に次世代リーダーに、マーケティング発想を持ち、ビジネスを組み立てていく力をつけさせたい。         


この企業様のように、マーケティング強化を課題とする企業は多い。


激変する市場環境の中で、変化の兆しを掴み、ビジネスプランを立てる。

それは、企業が市場に打って出る戦略でもあり、特定の顧客(ターゲット)を対象にした提案力を高めることでもある。



2.Aチャート(A型発想)の構造を知る


前述のようなビジネスプランや特定の顧客を対象にした提案力を代表的な事例として、

「読み、打ち、当てる」思考能力を強化するAチャートの効用をご紹介する。




 

「A型発想」とは、一見対立関係に見えるもの(事)でも、同じ目的に向かい、共に何をするのかを統合することにより、両立できるという考え方のことだ。

 例えば、「お客さまと自社