しなやかで強い組織をつくる


今、未知の時代です。

その中で、企業や人はきたるべき時代を読み、時代の変化に柔軟に対応する「しなやかさ」をもちつつ、「強い」状態を維持する必要があります。


「このままではいけない」「変化を起こす必要がある」ということは、ほとんどの人が感じます。一方で「目の前の仕事で手いっぱい」「まだ何とかなる」という意識が、変化を起こすことを拒み、結局何の動きも起こさないままに組織が硬直化していくというのが現実です。


この状況に一石を投じ、組織に「しなやかさ」をもたらすのがリーダーシップです。


1.組織に「しなやかさ」を生み出すリーダーシップ


「強さ」だけを追求するならば、「目標を掲げる」「方向性を定める」「けん引する」といった、リーダーシップで良いかもしれません。しかし、「しなやかさ」を生み出すためには、次のような要素が必要です。


① ワクワクビジョンを「しつこく」語り合う


「ビジョンを描く」というのは、リーダーシップに必須ですが、これからは「ワクワクさせる」ということが欠かせません。なぜなら、ワクワクすれば数年先のビジョンが常に意識の中にあり、「先を見る」ことが当たり前になるからです。


先を見ることが当たり前になれば、時代の変化に敏感になり、「しなやかさ」に対応するための目が育ちます。


ワクワクさせるコツ。それは、しつこいくらいにビジョンについて語り合うことです。「また、ビジョンの話?」と思われるくらいやって初めて意識に残ります。


② 異質な価値観を大いに歓迎する


本当に多様性を受け入れるのはなかなか難しいものです。なぜなら、人は自分と似た価値観の人と一緒に過ごしたがるものだからです。


しかし、様々な価値観の人がいれば、誰かが変化に気づいたり、変化に対応するアイデアを出せるかもしれません。


「しなやか」な組織には、様々な価値観の人が必要です。

その組織の伝統的な価値観と異質な価値観を持つ人を大いに歓迎できるかどうか。これが今後のリーダーシップに問われます。


③ 必要のないことを思い切って破壊する


「しなやかさ」を邪魔しているのは、伝統的に行っている「必要ないこと」です。

例えば、「必要ないと分かっていながら行っている定例会議」「必要ないと分かっていながら入力しているエクセルデータ」「必要ないと分かっていながら訪問している取引先」など。