己に克つ自己変革 挫折に打ち勝つためには?



「これを克服したい」、または、「新しいことにチャレンジしてみたい」と考えはしたものの、克服できずに終わったことはありませんか。


または、チャレンジしようと取り組んだものの、途中で挫折してしまったという経験はないでしょうか(経験があるという前提でお話しを進めます。すべて克服できているという方には申し訳ございません)。


シンプルな例でいえば、「計画的な行動ができるようになる」、「エクササイズを続ける」、「アルコールを減らす」、または、「部下(周りの誰か)に対する接し方を変える」など・・・。


もし、変えたいと頭で考えたものがすべて実行できるならば、誰でも新しい自分になり、成長し続けることができます。また、誰もがなりたい自分になれるのです。



なぜ、挫折してしまうのか


世の中には自己変革のための書籍が多く出版されています。書かれているのは、目標を明確に持つことの重要性や、すぐに行動に移すためのコツなどさまざまです。


書かれている内容はとても素晴らしいのですが、見落としがちな点があります。それは「自分を変えよう」としている本人が、変えようとしている「自分」をどれくらい把握できているのか、ということです。


例えば、ダイエットをする場合、

自分はなぜダイエットをしようとしているのか、その本当の目的は何か。

ダイエットをした後の自分はどうなっているのか。明確なイメージはできているか。

ダイエットをしようとした時、自分の中のどんな感情が邪魔をするだろうか。

ダイエットをしようとした時、自分を取り巻く環境で邪魔になるものは何か。

今の体重のままでいいと考えている自分はいないか。

自分はいつ、だれといる時に、どこで、どのような誘惑にどのように負けやすいのか。

誘惑に負けた時に自分はどうなるのか。次の行動に移るために必要なことは何か。


など、

そもそも「自分」はどういう状態であれば成功するのか、逆にどういう状態であれば失敗するのかを、把握せずに突進してしまうことが多いようです。

これが「克服」を阻害する、「そもそもの壁」になります。


自分を知ることの重要性


なぜ、「自分を知ること」がそんなに重要なのでしょうか。