ナンバー2は育てるものである!


もし、あなたが1週間休んだら・・・ マネジャーであるあなたが、何らかの理由により1週間会社を休むことになったとします。1週間後に出社した際に、あなたのチームは次のA、B、どちらの状態にあると推察されますか?


A.チームは混乱して仕事に遅れが生じ、厳しい状況に置かれている


B.チームは普段と変わらず活動し、仕事はスムーズに進捗している


もし、少しでもAのような状態になる恐れを感じた場合は、すぐに手を打たなければなりません。なぜなら、Aのような状況に陥るチームは、マネジャーの右腕となるナンバー2が育っていないと言えるからです。


「強いチーム」をつくる条件の一つとしてトップのリーダーシップに加え、ナンバー2の存在が挙げられます。


トップが出した指示に対して、「よし、早速やるぞ!」と号令をかけてくれるナンバー2、トップの目が行き届いていない点をフォローしたり、メンバーの状況を報告したりしてくれるナンバー2。そのような人材がいれば、チーム力が強化されるのは間違いありません。



強いチームにはナンバー2が必要

マネジャーの皆さんに、「ナンバー2が必要である」というお話をすると、「そうだよなー、ナンバー2がいるチームはうらやましい。うちにはそんな人材はいないな・・・」、

「山田さんのチームは加藤がナンバー2やってくれているからいいよね」などと言う人がいます。


自動的にナンバー2のような動きをしてくれるメンバーがいることもありますが、それはあまり期待しないでください。

ナンバー2は私たちマネジャーが育ててつくるものです。


「うちのチームにベテランはいない」という声も聞こえてきそうですが、ナンバー2にベテランも若手もありません。強いチームを目指すなら、若手しかいなくてもナンバー2を育てる。それがマネジャーの役目です。



ナンバー2を育てる4つのポイント


ナンバー2を育てる際に意識すべきポイントとは、どのようなものでしょうか。


① はっきりとナンバー2を指名する


「何となく、この人がナンバー2かな・・・」という状況ではナンバー2は育ちません。その人に自覚がなければ、責任感を持って行動してくれないからです。「この人をナンバー2にする」と決めたら、すぐに「○○さん、このチームでは、あなたが私のナンバー2だと思っている。チーム運営に協力してほしい」とはっきり述べることです。