メンバーの報告の良し悪しは上司で決まる


「メンバーの報告が悪い」と嘆く上司


マネジャーの皆さんの研修を担当していてよく出てくる不満の一つに、「メンバーの報連相が悪い」というものがあります。

特に、報告についての不満が多く、「報告をしてこない」「報告内容が不足している」と嘆くマネジャーが多いようです。


確かに、最近の新人社員研修へのご要望でも、「現場から新人の報連相が悪いという意見が出ている。特に報告のやり方を徹底してほしい」という内容が増えています。


しかし、同じ企業内でも「メンバーの報告が悪い」というマネジャーと、「メンバーの報告に不満はない」というマネジャーが混在しています。そして、不思議なことに、マネジャーが人事異動した途端に「報告が悪い」と言われていたメンバーの報告が改善することがあるという点です。


このような現象を見て感じるのは、メンバーの報告の良し悪しは、上司にも原因があるのではないかということです。


「報告が悪い」チームをつくる上司とは


「メンバーの報告が悪い」状態のチームを作ってしまう上司とは、どのような特徴があるのでしょうか?


① 自分の「報告の好み」を伝えていない


「メンバーの報告が悪い」と嘆いている上司の皆さんのお話を聞いていると、「大切なことを口頭で報告してくる」とか「日報の書き方がざっくりしている」など、報告の仕方そのものに不満を持っているケースが多いようです。


つまり、メンバーは報告をしていないわけではないのですが、上司の好みに合わない報告の仕方をしているのです。上司の皆さんは、自分がどのように報告されると分かりやすいか、つまり「報告の好み」をあらかじめ伝えるだけで、報告への不満はかなり解消します。


② 報告に対するフィードバックがない


例えば、日報も報告の一種ですが、メンバーが書いた日報に毎日コメントしていますか?

もし、コメントがない場合、メンバーは「上司が見てくれていない」と思い、だんだんと書く内容がざっくりしてきます。


それを見て、「おい、日報の内容が分かりづらいぞ!」と指摘してもなかなか改善はしないでしょう。


日報のみならず、メンバーから報告されたことに対しては、「この前報告してくれた○○については、対応しておいたよ」などとフィードバックがあると、報告しがいのある上司になるわけです。


③ そもそも上司が報告をしていない


人は、他人から何かをしてもらった時に「お返しをしなくれはならない」と感じます。これを返報性の法則と呼んでいます。


上司がメンバーに対して、「上層部で××という決定があった」「この前、お客さまからこのような情報をもらった」など、こまめに報告をしていれば、メンバーも上司に報告をしなくてはと感じるはずです。


しかし、自分はあまり報告をすることなく、メンバーに報告ばかり求めていると、やらされ感が増し、ますます報告が悪くなっていくことも考えられます。


④ 報告するのが面倒だと思われている


「あの上司に報告するのは面倒だ」と思われてしまうと、なかなか報告をしてもらえなくなります。


例えば、気分の波が激しく、イライラしていることが多い上司です。メンバーは何かを報告する際に上司の顔色を見て、機嫌の良さそうなタイミングを狙わなくてはなりません。それ自体が面倒くさいのです。


また、報告している最中に「要するに何が言いたいの?」と突っ込んだり、「そんなこといちいち報告してくるなよ」などといったネガティブな発言をされると、ますます報告することが面倒になります。


この中で一つでも思い当たることがあれば、早々に改善してみてください。意識するだけでメンバーの報告が良くなるかもしれません。


報告の大切さを伝えているか


あなたのチームメンバーに「なぜ、上司に報告することが大切なのか?」と質問して、答えられる人はいますか?


メンバークラスの研修でこの質問をして明確に答える人はごく少数です。中には、「上司が私たちを管理したいからじゃないですか?」と言い放つメンバーもいます。


メンバーに一番伝えていただきたいのは、「報告は自分のためにする」ということです。

報告をした時点で上司は状況を認識するわけですから、上司とメンバーの共通事項になります。メンバーが困っていればアドバイスをしたり、助ける義務も出てきます。つまり、上司に報告すれば力が倍増するということです。


また、報告をすることで一度自分自身の状況を振り返ることになります。特に日報などは、自分の一日の行動をじっくり振り返る良い機会です。振り返ることで、次への行動を考えるきっかけにつながり、より良いパフォーマンスにつながります。


「報告をさせる」という感覚に陥っていないか


上司の経験が長くなると、「報告をさせる」という感覚に陥る人が増えます。すると、メンバーは「報告をさせられている」と感じ、嫌々ながら報告をするようになります。

「報告をしやすい状況を作る」ことを心掛けたいですね。


【チェックポイント】


□メンバーに自分の「報告の好み」を伝えている

□メンバーの報告に対して、必ずフィードバックしている

□自分自身もこまめにメンバーに報告している

□いつも報告しやすい態度を心掛けている


本原稿は、株式会社ジェック『行動人』から転載・加工いたしました。

19回の閲覧

関連記事

すべて表示

【商談の壁を乗り越える!】住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない

住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない 私は、お客さまには比較的よい印象を持っていただき、打ち解けた雰囲気で商談を進めることができています。 また、商談においては、常にお客さまの心を開いていただいてからでないとリサーチ(お客さまの本音

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。

試行錯誤の新人育成

「シャドウワーク」という育成方法がある。 簡単にいうと「育成対象者が、先輩の仕事の流れをそのまま何度もトレースする」というものだ。やがて必要なスキル、知識を持ったところで、先輩の仕事の一部を代行させる。 徐々に、代行させることを増やし、最終的に一人でできるまでに持っていく。