メンバーの報告の良し悪しは上司で決まる


「メンバーの報告が悪い」と嘆く上司


マネジャーの皆さんの研修を担当していてよく出てくる不満の一つに、「メンバーの報連相が悪い」というものがあります。

特に、報告についての不満が多く、「報告をしてこない」「報告内容が不足している」と嘆くマネジャーが多いようです。


確かに、最近の新人社員研修へのご要望でも、「現場から新人の報連相が悪いという意見が出ている。特に報告のやり方を徹底してほしい」という内容が増えています。


しかし、同じ企業内でも「メンバーの報告が悪い」というマネジャーと、「メンバーの報告に不満はない」というマネジャーが混在しています。そして、不思議なことに、マネジャーが人事異動した途端に「報告が悪い」と言われていたメンバーの報告が改善することがあるという点です。


このような現象を見て感じるのは、メンバーの報告の良し悪しは、上司にも原因があるのではないかということです。


「報告が悪い」チームをつくる上司とは


「メンバーの報告が悪い」状態のチームを作ってしまう上司とは、どのような特徴があるのでしょうか?


① 自分の「報告の好み」を伝えていない


「メンバーの報告が悪い」と嘆いている上司の皆さんのお話を聞いていると、「大切なことを口頭で報告してくる」とか「日報の書き方がざっくりしている」など、報告の仕方そのものに不満を持っているケースが多いようです。


つまり、メンバーは報告をしていないわけではないのですが、上司の好みに合わない報告の仕方をしているのです。上司の皆さんは、自分がどのように報告されると分かりやすいか、つまり「報告の好み」をあらかじめ伝えるだけで、報告への不満はかなり解消します。


② 報告に対するフィードバックがない


例えば、日報も報告の一種ですが、メンバーが書いた日報に毎日コメントしていますか?

もし、コメントがない場合、メンバーは「上司が見てくれていない」と思い、だんだんと書く内容がざっくりしてきます。


それを見て、「おい、日報の内容が分かりづらいぞ!」と指摘してもなかなか改善はしないでしょう。


日報のみならず、メンバーから報告されたことに対しては、「この前報告してくれた○○については、対応しておいたよ」などとフィードバックがあると、報告しがいのある上司になるわけです。


③ そもそも上司が報告をしていない