新しいお客さまに「接近」するために必要なこと~世間話~


世間話に乗り気になれるとき、なれないときの違いは何なのか。



答えは簡単、目の前の相手に興味・関心があるかないかです。

そうではありませんか?



例えば、お客さまに自分の用件が通らずにガッカリしてしまう、相手に関心が持てず世間話そのものに乗り気になれない、と思っている営業の方は、自分に質問をしてみてください。


「目は誰に向いていますか?」


簡単に分かりますよね。いずれも心の目は「自分」にしか向いていません。


言い続けていることですが、商談は一体誰のために、何のために行っているのでしょう。

そもそも、私たち営業の使命は一体何なのでしょう。お客さまのために、お客さまのお役に立つためですよね。


そして、「物を売る」ことではなく「お客さまの問題を解決する」ことが私たちの使命です。


だとすれば、商談のプロセスで「お客さま」ではなく、「自分」に目が向いた瞬間、その商談(世間話)が前に進まなくなるのは当然です。


本原稿は、株式会社ジェック『行動人』から転載・加筆いたしました。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

プロとしての信頼を築き うちあけを引き出す提言その②

効果的な説明とは 効果的に提言を進めるための最初の段階は、「用具を活用してセールスポイントを説明する」でした。その目的は、商品・サービスの特徴を五感に訴え、お客さまの心に興味の柱を立てることです。 さて、ここで多くの営業パーソンの頭に浮かぶのが、 「きちんと準備していたって提

プロとしての信頼を築き うちあけを引き出す提言その①

効果的な「提言」の仕方とは 問題意識を引き出され、私たち営業に相談を持ちかけてくださったお客さまに対し、その場で効果的な提言をすることで、大きく二つのメリットが出てきます。 ① こちらをプロとして信頼してくれる ② 提言がたたき台となり、お客さまの問題意識がもう一段深まる

お客さまの問題意識を引き出す「話題選び」、「信頼関係づくり」その③

お客さまの悩み解消のための「言葉で伝える提案」=「提言」 「気づき」の最後におけるお客さまの心理状態は、現状の自分が抱える仕事上の悩みに対し、「何か良いアイデアはない?」と、私たち営業に相談を持ちかける状況となっています。 それに対し、その場で考え得る限りのベストな提案をし、お客さまの悩み解消のお役に立つ、それが「提言」です。 ですから、「言葉で伝える提案」という意味で「提言」なのです。 「提言」

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED