プロとしての信頼を築き うちあけを引き出す提言その④

最終更新: 11月10日


提言の振り返り


提言のプロセスを、ざっと振り返ってみますと、


①用具を活用してセールスポイントを説明する

目的・・・効用分析を活用し、気づきで引き出したお客さまの問題意識に対し、商品の特徴を結びつけて説明することで、自社の売るものに対して、興味関心を持ってもらう。

お客さま心理・・・よさそうだなぁ。でも、【本当に言っているとおりの効果が出るのかなぁ?】


②実例で証拠立てる

目的・・・効用分析を①の【 】内の疑問に対して、具体的な証拠(導入事例、実験データなど)を示すことで、効果に対するお客さまの信用度を高める。

お客さま心理・・・確かに効果はありそうだ。しかし、【ほかの所でうまくいったからといって、ウチでもうまくいくのかなぁ?ウチには特別な事情があるからなぁ】


③必要性を強調し、具体策を提案する


目的・・・②の【 】内の疑問に対し、現状の問題を引き起こしている、お客さまならではの個別事情を踏まえたうえでの、具体的な活用策・対応策を提案し、採用への意思決定を促す。


つまり、提言の最終ステップは、気づきで引き出したお客さまの問題に対する、具体的な解決策を提示し、売り込むことが目的なのです。


この売り込みが効果的なものであればあるほど、お客さまとの信頼関係は強まり、リサーチの最後のプロセス「うちあけ」は、スムーズに進むのです。


では、その効果的な進め方とはいかに?


ポイントを押さえて提案する


ここで最大のポイントとなるのは、営業サイドの提示した案を、お客さまが自分事として捉えてくれるかどうかです。自分事としていただくために、抑えるべきことは三つあります。


 お客さまが採用した場合を、具体的にイメージさせる


 表面的な一般論ではなく、採用後の落とし穴と、それに対する打ち手も伝え、売ることではなく、問題解決が目的であることを鮮明に伝える


 採用した場合と、採用しなかった場合を描き、その落差を描くことで訴求する



このように、ポイントを押さえた効果的な提言をすると、お客さまは、

「たまたま話した自分の現在の悩みに対し、よくぞここまで考え、提言してくれたものだ」

と、感心なさってくださいます。


この心理が発展し、

「この人だったら、(もっと深く大きな)本当の問題に対しても、いろいろと一生懸命やってくれそうだな。ひょっとすると、役に立つかも・・・」と、なってまいります。

とはいえ、それをそのまま口に出してくれるほど、商談は楽ではありません。

だからこそ、このあとの「うちあけ」のプロセスが必要なのです。


では、最後に行動理論でまとめます。


■誤・・・お客さまの悩みに対し、その場で思いついたアイデアを提案しさえすれば(因)、信頼関係は高まり(果)、より深く大きな問題を話してくれる(果)


■正・・・お客さまの悩みに対し、お客さまが心から「採用したい!」と思える具体策を提案できてこそ(因)、信頼関係は高まり(果)、より深く大きな問題を話してくれる(果)



本原稿は、株式会社ジェック『行動人』から転載・加筆いたしました。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

お客さまとのパートナー関係への扉を開く“うちあけ”その②

アイデアを出し合い、共通課題で合意する 「共通課題づくり」が商談におけるツボ中のツボであり、ここを押さえるか否かが、商談の正否を大きく左右します。 個別提案型商談の定義を確認しておきましょう。 「お客さまと営業担当者が一緒になって作り上げた共通課題の解決策の提案で、効果効率を上げ

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED