思い込みは行動変容をさまたげる3

『反省』って、辛いこと?



前回の内容をうけて、


本来の「反省(振り返り)」について考えてみましょう。


まず、私たちが日常的に経験していることとして言えるのは、他人に強制されるのではなく「自ら」自分を振り返れば、いろいろと「気づく」ことがあるということです。


自分の良いところに「気づけ」ば、うれしかったり、ちょっぴり自信がついたり、ほのかな幸せや成長の実感を得るのは自然なことです。


もちろん、自分の足りないところ、弱いところ、恥ずかしいところにも「気づく」でしょう。そんなときは悲しかったり、「辛かったり」するわけです。でも、それも人間として、とても自然なことです。


ここで大切なことは、やっぱり自分はダメだという「自分観」の枠に囚われるのはなく、「これから、どうしたらいいかな?」と、自分で考え始めるきっかけにすることです。


自分を変えていく方法を、他人から強制されるのではなく、自らの意志で考えて、決心し、実行するのであれば、それも「自由」で「自然」なことです。

しかも、「成長」につながります。


これって、とても楽しく、ワクワクすることではありませんか


たとえ、反省の「きっかけ」は辛い出来事であったとしても、その出来事の後で、自らの意志で行う「反省(振り返り)」は、決して「辛いだけ」では終わりません。


むしろ希望の光が見えてきます。「反省(振り返り)」のおかげで、辛い出来事は過去のものとなり、今の自分はそれを糧として未来に向かう自分であることに「気づく」からです。

さらに、より深く「自分の内面」を振り返れば、自分の中のちっぽけな思い込みや囚われなどに「気づき」はじめます。


それは、いったん気づいてみれば、本当につまらない、ちっぽけなことなのですが、そのことに気づくまでは、それにこだわり、囚われ、振り回され、無駄な努力をしていたことに「気づき」ます。

すでにご紹介した「ダメな自分」という「自分観」も、その一例でしたね。



このように「気づき」は自分を「発見」し「解放」すること。「ちっぽけな思い込み」から、自分を解放することになるのです(自己解放)。

そんな「気づき」があるのは、「反省(振り返り)」のおかげなのです。



必要なとき自ら「振り返る」のは自然なこと


私たち人間には、他人から強制されなくても、「自らの意志で反省する」という高度な学習能力があります。


例えば、他人の感動的な体験談を聞いたり、心に響く書物を読んだりしたときに、自分と照らし合わせて自らを振り返るというように、私たち人間は印象深い出来事を、自分を映す鏡にして、必要なときに、自ら自分を「振り返る」ことができるのです。


また、仕事や人生で修羅場と言われるような辛い「試練」のとき、例えば、仕事上の大失敗、差別的な処遇、生死の境をさまよう大病、人間関係のこじれ、恋愛の破綻、あるいは地震のような天災など、これらに直面したとき、誰に強制されなくても、私たちは自分の生き方、考え方を総点検するように、真剣に振り返ることができます。


そして苦難のたびに自分の誤った考え方や思い込みに気づき、眼からウロコが落ちて「人生観」や「世界観」などの、「**観」が変わるわけです。


例えば、「毎日がつまらない」、「何も面白いことがない」と不満たらたらで安易に日々を過ごしてきた人が、大病を経験した後、一転して、「今、こうして自分が、そして何億人もの人々が、日常を当たり前のように生きていること自体が奇跡なんだ!」

と、ガラリと世界の見え方が変わったりします。これに類した話は、たくさんあるでしょう。


真剣な反省のおかげで「**観」が変わると、今までと物の見え方、感じ方が変わるので、その人の態度や雰囲気も変わり、考えることも、行動も変わります。


こうして、私たちは、さなぎから蝶になるように、「一皮むけて」、新しい自分になっていけるのです。

「新しい自分になっていく」ということ。それは私たちをそれぞれに宿っている使命や才能(美点・強みと言ってもいい)、可能性を開花させるということでもあります。


仕事でも人生でも「七転び八起き」のたびに、より大きな世界・新たな人生のステージに飛び立てる自分になっていけるのも、自ら「反省(振り返り)」する習慣を身につけ、脱皮のときに向けて、自分を整えているからでしょう。


このように、必要なときに自ら「反省する(振り返る)」ということは、人間にとって自然であり、人間ならではの優れた学習能力と言えるでしょう。何気ない日常でも苦難のときでも、「反省(振り返り)」は、未来に向けて、私たちの可能性を花開かせるプロセスなのです。



日常的に「反省(振り返り)」を楽しむ


そのきっかけは、自分の感情(喜怒哀楽など)にちょっとして変化があったときが取り組みやすいでしょう。


そこから「自分の正体を発見するたび」が始まります。


例えば、


① 「うれしい!」


どうして、こんなちょっとしたことがうれしかったのだろう?

⇒そうか、私って、本当はこんなことが好きで。それが私の「こだわり」なんだ。

⇒心の中に、こういうしっかりとした主義主張をもって、地道に努力する自分もいたんだなぁ~。だから、こういうことは細々とだけれど結局あきらめないで、昔からずっと続けているんだなぁ。→「主張」や「強み」を持った自分の発見


② 「カチンときた!」


どうしてあんなに不愉快になったんだろう?冷静になって考えれば、相手の言うことにも一理あるのに・・・。

⇒そうか、自分はあの人のことを、心の中で勝手に、こんなふうに決めつけていたんだ。

⇒心の中に、こんな偏見を持った自分もいたんだなぁ~。→相手に「偏見」を持っている自分の発見。


③ 「何を言ってるんだ!」


どうして、あんなに感情的に反発したのだろう?

⇒そうか、実は自分は「**」に関することは触れたくない、見ないようにしようとしてきたんだなぁ。

⇒心の中に、こんな自分がいたんだなぁ。→「**」から逃げていた自分の発見


このように、日常だれもが経験する「感情の起伏」をきっかけにして、「反省(振り返り)」し、「自分発見」を楽しめば、日常の中に楽しみが増えます。



不透明な状況だからこそ「反省(振り返り)」が未来を創る


最後に、変化が激しく先行きが不透明な時代環境だからこそ、未来を創るために「反省(振り返り)」が重要であるということを付け加えておきましょう。


① 「反省(振り返り)」とは、日常の経験の中から、「教訓」を学び取ることです。

変化が激しいビジネス環境であればなおさら、どんな教訓よりも、自ら教訓を学び取る能力の方が重要です。「反省(振り返り)」の習慣は、その能力を育てます。


② 「反省(振り返り)」とは、自分の正体を知ることです。

未来が読めないときは、未来を創るしかありません。

だから、自分は一体何者なのか?

そして、何をしたいのか?自らを「反省(振り返り)」し、自分の正体と志を見極めることが大切です。


③ 「反省(振り返り)」とは、リーダーに強く求められることです。

②で述べた意味で、自分の正体を知り、自分をリードできることが優れたリーダーの前提条件でしょう。よく反省する人が、良いリーダーとなり、不透明な状況においても、道を拓いていくのです。


本原稿は、株式会社ジェック『行動人』から転載・加筆いたしました。

29回の閲覧