思い込みは行動変容をさまたげる4

「てき(敵)」とは共存できない?



「てき(敵)」とは何か?辞書で調べると、《あるものにとって、共存しえない存在。滅ぼさなければ自分の存在が危うくなるもの》とある。「てき」とは、共存できない存在らしい。


さて、職場であれ学校であれ、あるいはPTAであれ、親戚や近所のお付き合いであれ、どのような関係でもよいから、「てき」だと思う人は誰ですか?と尋ねると・・・、


「いや、そんな人はいません。私は平和主義者ですから」


「相手を敵だと思うから争いが起こる。だから、私は誰も敵だと思わないことにしている」

といった答えをする人もいる。


でも、本当だろうか?


こんな優等生の模範解答のようなことを言う人は、本当の聖人でなければ、きっと「タテマエ」を言っているにすぎないのではないだろうか?


試しに、次の文章を読んでもらいたい。


「あいつがいるから、会議が上手く運ばない」


「あの人はいつも私たちの動きを邪魔する。嫌な人だ」


「せっかくのアイデアをいつも批判して足を引っ張る人は、だいたい決まっている」


こんな短文を読んだだけでも、特定の人のことが思い浮かぶ。それが実際だろう。どうやら私たちは心の中で、誰かを「てき」だと思っているようだ。


「てき」は、私たちに害を及ぼす。「てき」は私たちを批判し、抵抗し、邪魔をする。だから、心が痛み、体を痛めることすらある。

このように、わが神経を逆なでする「てき」を、誰もが心に持っている。



だから「てき(敵)」の消滅を願う


「てき」がいなければ、どんなにこの世は暮らしやすいことだろうか!「てき」のために被った屈辱や無駄な労力を思えば、「てき」がいなくなれば、きっと、より生産的で創造的な世界(会社・組織・人間関係など)になるに違いない。