思い込みは行動変容をさまたげる8


自分が死ぬということはよりよく生きるための現実である-「死生観」



① 真剣に「自分の死」と向き合うと、自分にとって何が本当に大切なのかが見えてくる


「自分の死」に向き合うきっかけは何であれ、本当に死にそうになったとき、人は「自分の死」という「現実」(リアリティー)に向き合います。

それはテレビのドラマやゲームなどで扱われる死ではなく、これまで何度か見届けてきた親族の臨終でもありません。

目の前で息を引き取った親族が荼毘に付され、焼け残った熱い骨となり、それを拾っている自分ではなく、自分自身がその骨となることです。


この現実に向き合うとき、私たちの心は、

「本当に大切なことは何か?」

「私が生きているこの命は、いったい何のためにあるのか?」

「もし私が明日も生きているなら、どのようにその最後の一日を生きるか?」

と考えるようです。


この身が滅べば、これまで身につけてきたものは、意味がなくなります。避けがたいこの「現実」を噛みしめてなお、

「自分が生きるのはなぜか?」


その究極の答えが、その人にとって「一番大切なこと」であり、その内容は、他人がうかがい知ることのできない心の奥にあるその人の「真実」、命をかけて守るべきもの、と言えるでしょう。



② そして、無駄なことを省くことができる


命をかけて守るべき「真実」を、自分のうちに見いだすということは・・・。

それを例えて言えば、低い雲に隠されていた満月が、雲が晴れて姿を現すようなもので、もともと自分の中にあった「真実」が見えてくるということです。

それはあまりにも美しく、深く心を動かされること。


そして一度、満月がそこにあることを知ったからには、たとえ心に雲がかかろうとも、満月を忘れようとしても忘れられなくなります。あきらめようとしてもあきらめきれなくなります。それを失えば、自分ではなくなるからです。


だから、自然に心はそれに向かい、それ以外のことへの関心が減っていきます。


そのことに自分が気づくたびに、一つ、また一つと「無駄」を削ぎ落していきます。

例えて言えば、季節が巡り、自ら枯れ葉を落とし、「幹」だけの自分が「すっきり」と立つように。



③ だから、本当に大切なことのために命を使うことができる


人生の「根幹」だけになれば、これまで「枝葉」に使っていたエネルギーを、本当に大切なことへ集中できます。


本当に大切なこと以外、思い切ってバッサリと「捨て去る勇気」を、「自分の死という現実」が与えてくれます。


例えば、日ごろ私たちは、「ああしたい」、「こうしたい」と欲を持ち、ひとときそれが満たされ喜んでも、すぐそれ以上を望み、「ああならない」、「こうならない」と、怒ったり、悲しんだり、恨んだりして、自分を苦しめて生きています。


しかし、それらがみんな、

「本当に大切なことか?」

「命をかけて守り通すべき真実なのか?」

と問えば、大概は「大したことではない」ようです。


そんな「無駄」をバッサリと捨て去る勇気を、自分の死という「現実」が与えてくれます。

死が、「そんな無駄を捨て、本当に大切なことに命を使え」と背中を押してくれるのです。

こうして、「使命」を中軸にした人生が始まります。



④ だから、ますます自分らしく生きていける


「使命」それは、本人にとってかけがえのない「真実」。

私たち一人ひとりがそれぞれの「使命」に専心して生きるなら、今日からでも、他の誰でもないその人独自のユニークな人生を創り上げることができます。

そして、「使命」を生きる濃度が高まれば高まるほど、ますます「自分の色」(自分らしさ)を濃くしていきます。



⑤ 命が「私という現象」を生きている


あなたは、ますますあなた色に。私は、ますます私色に。

この世界に生きる一人ひとりが深い自分の色を持って世界を彩り、やがて私たち一人ひとり、この世界から去っていきます。


私たちの「使命」は、それぞれが一本一本の縦糸と横糸です。

どの一本もユニークで、それが欠けてしまえば、痛々しい傷となり、立派な「織物」には仕上がりません。

しっかりと織り上げるならば、それぞれが命をかけて守ってきた「真実」を織り上げて、「使命の織物」を次の世代に受け継ぐことができます。


願わくは、今、それぞれが取り組んでいる「仕事」が。お互いの「使命」を結びつけ、美しい「使命の織物」にしていく営みであることを。


そのとき仕事は、その人の「天職」となり、職場はそれを織り上げる場となります。

私たちが「自分の死」を考えるとき、暗黙のうちに「一人が一つずつ命を持っている」という前提に立つことが多いようです。


だから、「自分の命に限りがある」という「現実」は、「命が私という現象を生きる理由(使命)」を、それぞれに深く自覚し生きることで、美しい命の歴史を織り上げるための「現実」と言えるでしょう。死を想うことが、よりよく生きる助けになる。これは、死というリアリティー(現実)が与えてくれる賜のようです。


本原稿は、株式会社ジェック『行動人』から転載・加筆いたしました。

3回の閲覧