思い込みは行動変容をさまたげる9


今回の思い込みは、


「人生は、苦悩を突き抜け、ゆらがぬ閑かさに至る一本道」という思い込み(信念)です。


私たちは美しい地球の一部


青い地球が、真っ暗な宇宙空間にぽっかりと浮かんでいる・・・、そんな写真や映像を見たことが、きっとあなたもあるでしょう。


暗闇に穴が開いたように、そこだけが命を育み青く輝いている・・・、地球。なんと美しいことでしょう。


これは、昔の人が決して見ることのできなかった映像です。昔の人に言わせれば、きっと神様や仏様の視点からの映像でしょう。


この美しい地球の映像を見ているとき、実は、私たちは自分自身も同時に見ています。なぜなら、その青く輝く地球の中に、私たちがいます。私たちは、美しい地球の一部なのです。


そんなことをじっくりと味わう時間を、ほんの三分間でよいですから、取ってみてはいかがでしょうか?

さあ、目を閉じて、たった三分間、美しい地球と自分が一体であることを、深く味わってみましょう。

それは、ほんのひとときの気休めかもしれませんが、着実に、心のゆとりが生まれるはずです。


あなたがどんな境遇にあり、どんなつらい思いをなさっていようと、そういう外的な環境とは全く関係なく、あなた自身の「心の中に」、ぽっかりと、どんな悩みや苦しみからも自由で、おおらかで、静かで、落ち着いた空間が生まれることでしょう。


「心的安全空間」


国際基督教大学の小谷英文教授は、何者にも邪魔されない、心の中の安全空間のことを、このように名づけています。


どんなに苦しいときでも、あなたが青く美しい地球の一部として、宇宙の暗黒の中で輝いているという事実があります。


ですから、つらいときは、この事実を思い出し、毎日三分間だけでもよいですから、深く味わってみてください。あなたの心の中に、安全な空間が生まれることでしょう。

苦しみを突き抜けてゆらがない閑かさへ至る


「心の中の安全空間」を得るためには、それをより確実にし、より豊かにする方法があります。それは何でしょうか?

それは、私たち一人ひとりが背負っている苦しみのただ中を、一歩ずつ歩んでいくことです。