思い込みは行動変容をさまたげる10


私たちはすでに真理の中で生かされている


*「真理」という言葉の意味


「真理」という「言葉」を辞書で調べてみると、「いつどんなときにも変わることのない、正しい物事の道筋。真実の道理」と書かれています。その「用例」は、「永遠不変の真理」、「真理の探究」となっています(『大辞泉』より)。

今回、著者が用いる「真理」という言葉の意味もこれと同じです。


*想定する読者


『真理』=「いつどんなときにも変わることのない、正しい物事の道筋。真実の道理」

なんて聞くと、次のように思う方が少なくないようです。


①「真理」・・・そんな大げさなこと、考えたこともないよ。

②「真理」がどうだこうだなんてこと、自分たちには関係ないことだろう。

③「真理」なんて、自分たちから遠く離れたところにあるもの。


だから、「真理の探究」と言われるように、把握しがたく、なかなかわからないものだ。

今回の内容は、このようにお考えの方々へのご提案です。


もちろん、今回の内容は、『真理とは、そもそも何か?』を論じることではありません。


『私たちは、すでに真理の中で生かされている』という「思い込み(信念)」だけが論点です。


今回の結論は、真理と自分は遠く隔たっているという「思い込み」より、自分はすでに真理の中で生かされている。

つまり、いつどんなときにも変わることのない、正しい物事の筋道の中で生かされているという「思い込み」のほうが、ビジネスにおいても、日常生活においても、気づきや発見が多い、創造的な日々を生きることにつながるということです。



頭の柔軟体操 「空」の中を歩く私たち


私たちは、生まれながらにして、空の中で生きています。


「空」の中?と聞いていぶかしく思うことでしょう。

「空」と言えば、見上