思い込みは行動変容をさまたげる11

私たちはすでに真理の中で生かされている



前回、「私たちはすでに真理の中で生かされている」という「思い込み(信念)」をお勧めしました。


今回は、その後半として、その「思い込み」が、私たちにどんなメリットを与えるか、を考えてみたいと思います。


*『真理』という言葉の意味

『真理』という「言葉」を辞書で調べてみると、「いつどんなときにも変わることのない、正しい物事の筋道。真実の道理」と書かれています。その「用例」は、「永遠不変の真理」、「真理の探究」となっています(『大辞泉』より)。


今回、著者が用いる『真理』という言葉の意味もこれと同じです。


メリット「お勧めの思い込み」が開く可能性


では、「自分たちはすでに真理の中で生かされている」という「思い込み」(信念)を持つことのメリットは何でしょう?


次のような「可能性」が高まることが挙げられます。これらは、ビジネス・パーソンとしてもひとりの人間としても、「創造的な生き方」へとつながるでしょう。


① 夢や希望を持ち続けることができます。


真理の中で生きることは喜びであり、自分にはまだ見えていない真理がたくさんあり、それが少しでも見いだせるようになることが楽しみです。

「こんなことやっても意味がない」というニヒリズム(虚無主義)から自らを救い、一つひとつのことに心を込めて取り組むことができます。

(自分と真理は隔絶した別世界だと思い込んでいれば、この喜び、楽しみは得られません)


② 自分の真理への目を開こうと努力できます。


その日常の努力を通して、わずかながらでも真理が垣間見えたとき、私たちは大きな感動を得て、さらなる真理の探究へと心がいざなわれるでしょう。

これまで見えなかった真理が、一つひとつ見えてくることの喜びは、何物にも替え難く素晴らしいものです。

サミュエル・ウルマンの詩「青春」にも、「星空を仰ぎ見るように、真理へあこがれる心」の大切さが詠われています。

こうして、感動豊かな人生を自分で創ることができます。

(このようなみずみずしい感性は、自分と真理は隔絶しているという思い込みから生まれるでしょうか?)


③ 日常の何気ないビジネスシーンや生活シーンの中から、意味・メッセージを受け止め、これまで見えなかった『真理』に気づく感性が豊かになります。


なぜなら、「日常のあらゆるところにも、心理が宿り、私たちに気づかれ、発見されるのを待っている」と思っているからです。