思い込みは行動変容をさまたげる12


ホンネは行動に現れる!


自分の「ホンネ」を知っていますか?


私たちは、意外に自分の「ホンネ」がわかっていない。

こんなふうに言うと、

「そんなバカな。自分のホンネがわかっていないことなんてあるものか」

とおっしゃるかもしれません。


しかし実際、忙しく複雑な人間関係の中で、「ホンネ」と「タテマエ」を使い分けているつもりが、いつの間にか、どっちがホンネでタテマエなのか、わからなくなっている人も少なくないようです。


何種類もの「仮面」を使い分けているうちに、自分の本当の顔がどれなのか、わからなくなるように。

「ホンネ」を知ることのメリット


職場でお互いに「ホンネ」が言い合えるチームになっていくためには、まず、お互いが自分のホンネを知ることが大切です。


また、自分のホンネをしっかりとつかんでいることは、私たちの「判断」の「質」(例・スピード、間違いのなさ、一貫性)を高めることにもなるでしょう。「ホンネ」こそが、いざとなったときの私たちの判断のよりどころだからです。


特に(職場であれ政治であれ)、「リーダー」と呼ばれる人にとっては、なおさら重要です。なぜなら、「リーダー」は、数多くの「判断」を下し、その影響は広く多くの人たちに及ぶからです。


自分のホンネをしっかりとつかんでいない人の判断は、「ブレ」やすく、内外の信頼を失うことにもなりかねません。



「ホンネ」を知るとは「本心」、「自分自身」を知ること


ちなみに、辞書によると「ホンネ」とは、「本当の音色」。それが転じて、「本心」、「本心から出た言葉」という意味のようです。