思い込みは行動変容をさまたげる13

自由って何だろう?



ビジネス・パーソンに「自由」は少ない?

組織の中で働いていると、時には次のような「嘆き節」が聞こえてきます。


「私たちには何も決める権利がない。上司がウンと言わなければ、何もできない。本当に不自由だ」

「自分たちは何も言える立場ではないし、取りあえず、これまでどおり、言われたとおりやっていくしかない」

「金も、時間も、人でも制限されて、一体どうしろというんだ?これじゃ何もできやしない」


特に、業績が厳しく、あれこれと上から指示され、叱咤される立場のビジネス・パーソンであれば、いよいよストレスも溜まり、前述の嘆き節が漏れたりします。

でも、本当にビジネス・パーソンに自由はないのでしょうか。


辞書の「自由」の意味

辞書によると、「自由」とは、次のように記してあります。

(1)[freedom,liberty]

他からの強制・拘束・支配などを受けないで、自らの意志や本性に従っている・こと(さま)。

(2)物事が自分の思うままになるさま。

(3)わがまま。気まま。


確かに、この意味でなら、組織人の自由は少ないのかもしれません。組織のルール・規則、上司による「支配」(コントロール)、あれこれ細かく注文をつけられる「制約」の日々・・・。「思うまま」に物事を決められないのが普通です。


だから、組織の中で「自由」を得るには、高い「地位」を得て、物事を決められる「権力」を手にするしかない、と思う人もいるようです。


しかし、本当に「地位」や「権力」がないと、私たちビジネス・パーソンに「自由」はないのでしょうか。私たちは「不自由」を嘆きつつ、ビジネス人生を送るしかないのでしょうか。


「制約の中の自由」とは?


-たとえ「地位」や「権力」がなく、多くの「制約」があっても、私たちは「自由」であることができる-

こう言うと、びっくりするかもしれません。「そんなことがあり得るのか?」と。


しかし、そんなに突飛なことではなく、「どんな状況であれ、心は自由でいられますよ」ということなのです。

それは、「囚われや、恐れがない」という「精神の自由」です。