超提案を可能にするトレーニング~Aチャート~



「お客さまの問題解決・夢実現を盛り込んだ『超提案』」を可能にするために、トップセールスは自覚することなく実践していたり、意識的にトレーニングをしている場合があります。


その自覚することなく実践している部分を顕在化させながら、意識的に「トレーニング」するポイントをトップセールスから聞きました。


①お客さまからいろいろなことをさまざまな角度で聴く


②何度も何度も確認して、お客さまとのズレをなくす


③そのポイントポイントで、「お客さまは何を伝えたいのか」を考える


④しっかりとメモを取り、会社に帰ったらそのメモのポイントだけを書き出し、全体を見直す


⑤お客さまの顔を思い浮かべながら、ポイントの中のポイントを浮き彫りにする


⑥上記①〜⑤を行うときに、「お客さまの大事にしていること」「自社・自分が何でお役に立てるのか(喜んでもらえるのか)」だけを意識し続ける。


さて、ここまでご紹介して気づいたことがあります!


それは、トップセールスたちが、最後は「直感」や「勘」で判断をしているとしても、そこに至るまでの思考プロセスを持っているということです

。そして、この思考プロセスは、そのままAチャートでも展開されています。

【参考】

https://www.jecc-net.co.jp/service/course/MS







【参考記事】

「読み、打ち、当てる」思考回路を磨く

https://www.jecc-kodojin.com/post/jeccb070




本原稿は、株式会社ジェック『行動人』から転載・加筆いたしました。




39回の閲覧

関連記事

すべて表示

不動産業界のオンライン商談傾向

【あるある失敗談】 ・いつも使っている物件案内をそのまま画面共有して使うので細かすぎて見づらい ・もともと不動産営業は一方的に話す人が多いが、オンラインだとますます一方的になる ・「会話」がしづらいので、お客様の生活情報をうまくキャッチできず、お客様ナイズした訴求ができない 【研修のポイント】 ・「オンラインの営業」と「対面での営業」は全く別な業務というくらいのマインド(行動理論)を持ってもらう