お客さまは「効用(メリット)」を買っている

 お客さまは「モノ(商品)」そのものを買っているわけではありません。そこから生まれる「効用(メリット)」を買っているのです。

 例えば、大画面のテレビを買う場合、テレビそのものを買うのではなく、好きなアクション映画を迫力ある画面で楽しめるという「効用」を買うのです。

考えてみれば、自分が顧客だったら当たり前のことですが、なぜか自分が営業の立場に立った途端に、「お客さまは効用を買う」という顧客心理を、すっかり忘れてしまうことが多いのです。

その最大の原因は、営業は売上数字という事実によって評価されるため、ついつい「売りたい」という自分優先の意識が先行し、お客さまのメリットを忘れてしまうことにあるようです。

そのため、「まずは自社商品ありき」発想ではなく、「まずはお客さまのメリットありき」発想に立つことが重要になります。

 また昨今は、ビジュアルを駆使した非常に見栄えの良い提案書が当たり前になってきました。しかし、内容を見ると商品の機能、つまり事実をびっしりと羅列しただけの提案書になってしまっていることが多いようです。

これでは、お客さまは商品に興味を示すことも、必要性を感じることもありません。

 ですから、われわれ営業担当者は常にお客さまにとっての効用を意識して、商品やサービスを分析しておく必要があります。そして、そのようなプロセスを踏んで初めて「商品知識がついた」といえるのです。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

お客さまとのパートナー関係への扉を開く“うちあけ”その②

アイデアを出し合い、共通課題で合意する 「共通課題づくり」が商談におけるツボ中のツボであり、ここを押さえるか否かが、商談の正否を大きく左右します。 個別提案型商談の定義を確認しておきましょう。 「お客さまと営業担当者が一緒になって作り上げた共通課題の解決策の提案で、効果効率を上げ

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED