クレームは、チャンスと心得よ

 ご契約いただいたお客さまから足が遠のいてしまう原因の一つに、クレームがあります。

 私も営業になりたてのころは、クレームがイヤでイヤでたまりませんでした。

 クレームを言ってきたお客さまのところへは、一度謝りに行ったきり、その後は二度と訪問しない、といったこともありました。

 しかし、考えてみるとクレームはたいへんありがたいことなのです。なぜなら、クレームを言ってくるということは、お客さまが我々に助けを求めている、ということだからです。つまり、何とかしてくれると期待してくださっているからこそ、クレームを言っていただけるのです。

 もし期待していなければ、何も言わずに去っていくでしょう。一説によると、不満があってもクレームを言わないお客さまの再購入率は、10%程度だそうです。

 しかし、クレームを言って、それが迅速に処理されたお客さまの再購入率は、80%を超えるそうです。

 このことを考えると、クレームはファン客を創造するチャンスといえます。また、クレームという難しい場面を乗り越えることにより、営業としての力も磨かれるのです。

2回の閲覧

関連記事

すべて表示

なぜ、成功事例が社内で共有できないのか

お客様の暮らしを創造する営業 なぜ、成功事例が社内で共有できないのか勉強会で得た知識や情報を「自分のために使うか」「お客さまのため」に使うかで、その結果は大きく違ってきます。トップセールスたちの成功の秘訣は、「やり方」にあるのではなくて、「考え方(スタンス)」にあります。

トップセールスの強い武器「提言シート」

お客様の暮らしを創造する営業 トップセールスの強い武器「提言シート」をコミュニケーションツールとして利用しながら段階を踏んでお客さまとの関係を創っていき、「超提案」につなげていく。