目標は、走り高跳びのバーである

「目標は、走り高跳びのバーである」とも言います。

 走り高跳びはバーの高さが決まっているからこそ、どのように助走すればよいか、どこで踏み切ればよいか、が明確になります。

 同じように、自分の「人生・成長・業績」の三つの目標がしっかりしているからこそ、何をすべきかが明確になるのです。

 問題は、どの高さにバーを設定するかです。

「ウチの会社はトップセールスでも1億。だから俺はせいぜい7000万がいいところ」

 などと言って、自分でバーの限界を、低く設けている人がいます。

 昔、走り高跳びは「挟み跳び」が主流でした。しかし、「もっと高く跳びたい」という想いが「ベリーロール」という跳び方を生み出しました。そして、「もっと、もっと高く跳びたい」という想いが、「背面跳び」を生み出しました。

 人間は高い目標を掲げると、想像以上の知恵を出すものです。しかし、自ら低い目標設定をして限界を設けると、そこまでの知恵しか出てきません。

 自分の可能性を信じ、自らの意志で目標を持ってください。

 そして、それを業績目標と結びつけることができた時、日々の営業が「やらされ仕事」でなくなり、「仕事の主人公」になれるのです。

3回の閲覧

関連記事

すべて表示

なぜ、成功事例が社内で共有できないのか

お客様の暮らしを創造する営業 なぜ、成功事例が社内で共有できないのか勉強会で得た知識や情報を「自分のために使うか」「お客さまのため」に使うかで、その結果は大きく違ってきます。トップセールスたちの成功の秘訣は、「やり方」にあるのではなくて、「考え方(スタンス)」にあります。

トップセールスの強い武器「提言シート」

お客様の暮らしを創造する営業 トップセールスの強い武器「提言シート」をコミュニケーションツールとして利用しながら段階を踏んでお客さまとの関係を創っていき、「超提案」につなげていく。