え!? 報告してなかったの 

私が以前の会社で営業をやっていた時のことです。私の同僚にお客さまから電話がありました。電話の内容は、「約束の納期を一週間早めてほしい」というもの。当時、一週間も納期を早めるためには、関係部署と協力し、特別な対処をする必要がありました。

 私は彼に「部長に相談した方がいい」とアドバイスをしました。その時、彼は「そうだな…」と渋い表情をしたことを覚えています。

 それから10日ほどたったある日、同じお客さまからものすごい剣幕で電話がかかってきました。約束した日に商品が届かなかったというのです。その同僚は青い顔をして受話器を握りしめ、「すみません、すみません…」と繰り返し平謝りしていました。

この一件で、そのお客さまへは出入り禁止に近い状況に陥ってしまった彼ですが、何とその月の営業会議で、次のような発言をしたのです。

「お客さまの○○様ですが、方針が変わるということで、半年ほど取引は見合わせることになりました」

 この報告に対して部長は、

「先方の都合では仕方がないな…」と答えました。

 これは明らかに虚偽の報告です。

 そして、私が驚いたことは、部長が何も知らなかったこと、つまり、彼がお客さまとの一連の出来事を、全く部長に報告していなかったということです。

 後で彼の虚偽報告が問題となったことは、言うまでもありません。

4回の閲覧

関連記事

すべて表示

なぜ、成功事例が社内で共有できないのか

お客様の暮らしを創造する営業 なぜ、成功事例が社内で共有できないのか勉強会で得た知識や情報を「自分のために使うか」「お客さまのため」に使うかで、その結果は大きく違ってきます。トップセールスたちの成功の秘訣は、「やり方」にあるのではなくて、「考え方(スタンス)」にあります。

トップセールスの強い武器「提言シート」

お客様の暮らしを創造する営業 トップセールスの強い武器「提言シート」をコミュニケーションツールとして利用しながら段階を踏んでお客さまとの関係を創っていき、「超提案」につなげていく。