「無駄な」事務処理が多すぎる?

 数年前、私の友人で営業をしているS君から、「営業成績が上がらない…」ということで相談を受けたことがあります。

S君 「毎日毎日、自分なりに一生懸命やっているつもりなんだけど、全然契約がもらえないんだよ。もう嫌になってきたよ。」

私 「そんなに一生懸命やっていて成績が上がらないということは、何か問題があるんじゃない?」

S君 「そうなんだよ、上司は一日10件はお客さまの所へ訪問しろと言うんだけど、時間がないんだよ、時間が!」

私 「時間がないということは、商談に時間がかかるということ?」

S君 「商談に時間がかかるのは仕方がないよ。お客さまのお話をお伺いするのが第一だからね。問題なのは、事務処理の多さだよ。とにかく見積もりだの伝票だので時間がかかるんだ。」

私 「そうか…。でも、営業なんだから、その程度の事務処理は当たり前なんじゃないの?」

S君 「確かに最低限の事務処理は必要だと思う。でも、うちの会社は特別に無駄な事務処理が多すぎるんだよ。だから、お客さまの所に行く時間が削られて成績も上がらなくなるんだ。会社は営業のたいへんさを理解していないんだよ。」

私 「そんなに無駄な事務処理が多いのか。どんな事務処理があるのか聞かせてくれよ…。」

 その後、S君は会社の「無駄な」事務処理について延々と語り続けました。

 しかし、その中身は企画書作成、日報、見積もり、顧客カルテ(記録)の記入など、営業担当者としては当たり前のものばかり。聞いている私には決して無駄なものとは思えませんでした。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

お客さまとのパートナー関係への扉を開く“うちあけ”その②

アイデアを出し合い、共通課題で合意する 「共通課題づくり」が商談におけるツボ中のツボであり、ここを押さえるか否かが、商談の正否を大きく左右します。 個別提案型商談の定義を確認しておきましょう。 「お客さまと営業担当者が一緒になって作り上げた共通課題の解決策の提案で、効果効率を上げ

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED