営業担当者だけで営業を行う時代はとっくに終わっている

お客さまは我々営業に成果を上げるための知恵を求めています。つまり、お客さまが成果を上げるための提案をすることが必須なのです。

 もちろん、お客さまによって状況は違いますから、お客さまごとに個別の提案が求められます。

 このように、お客さまさえ迷ってしまう案件について、我々は、お客さまの成果が上がる提案をしていくわけですから、一筋縄ではいきません。我々営業だけの知恵では限界があることも多いでしょう。

 そんなとき、素晴らしい専門知識を持った技術や開発の方々の知恵を借りれば、営業だけでは考えつかないような提案ができるのではないでしょうか?

 時にはお客さまの所へ同行してもらい、直接、知恵をお客さまに提供することもあるでしょう。

 つまり、今の時代、営業担当者だけが営業する時代ではないのです。全社が一丸となっ

てお客さまの成果を上げる知恵を出さないと、市場では「勝ち組」とはなれません。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お客さまとのパートナー関係への扉を開く“うちあけ”その②

アイデアを出し合い、共通課題で合意する 「共通課題づくり」が商談におけるツボ中のツボであり、ここを押さえるか否かが、商談の正否を大きく左右します。 個別提案型商談の定義を確認しておきましょう。 「お客さまと営業担当者が一緒になって作り上げた共通課題の解決策の提案で、効果効率を上げ

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED