「話が進まない…」だったら、話が進む人物を見つけよ!

 お客さまは「どうすれば成果が上がるか」ということに日々悩んでいらっしゃいます。我々営業としても、ただ単に、部分的なお取引ではなく、お客さま企業の全体的な動きを掴み、成果が上がる方向性で提案していく必要があります。

 しかし、そのような提案でも、いつもの窓口担当者に持っていくだけでは、Yさんのように、なかなか前に進まないこともしばしばあります。あるいは、担当者の方も、自分の裁量では「手に余る」とお悩みになっていらっしゃるかもしれません。

 でしたら、窓口担当者の方と協力して話が進む人を見つければよいではないですか!  企業の中には、周りの人に影響力を与え、変革の中心となる方がいます。どんな企業でも必ずそのような方はいるものなのです。その方こそキーパーソンです。

 逐一、その組織を構成している方々、力関係などにアンテナを立て、キーパーソンを掴むことです。窓口の方はもちろん、キーパーソンを巻き込んでこそ、お客さま企業の変革が成し遂げられ、結果的に大きくお役に立てるのです。

3回の閲覧

関連記事

すべて表示

なぜ、成功事例が社内で共有できないのか

お客様の暮らしを創造する営業 なぜ、成功事例が社内で共有できないのか勉強会で得た知識や情報を「自分のために使うか」「お客さまのため」に使うかで、その結果は大きく違ってきます。トップセールスたちの成功の秘訣は、「やり方」にあるのではなくて、「考え方(スタンス)」にあります。

トップセールスの強い武器「提言シート」

お客様の暮らしを創造する営業 トップセールスの強い武器「提言シート」をコミュニケーションツールとして利用しながら段階を踏んでお客さまとの関係を創っていき、「超提案」につなげていく。