コピーした情報は本当に必要ですか?

 会社でも、お客さまの重要な情報には注意することは当然です。

 とくに注意すべきは、コピーした書類。机の中を整理してみると、実は多くがコピーであることに気づきます。

「まだ使うかもしれないから」という理由で、なんとなく捨てずにいると、どんどんコピーがたまり、机の中はコピーだらけになります。

 しかも、その多くがお客さまの重要な情報である場合が多いのです。コピーということは、誰かがオリジナルを保有し、それがプリントアウトされ、それがコピーされ、またコピーされ…。多くの人が一つのお客さまの重要な情報を保有していることが予想されます。

 このような状況は、非常に危険です。なぜなら、それだけその情報が漏洩してしまう危険が高まるからです。

 セキュリティの言葉に「クリアデスク、クリアスクリーン」という表現があります。

 まずは、机の整理から始めてください。そして、紙で残しておく必要がないと判断するものは思い切って捨てることです。

 捨てる際にはシュレッダー、もしくは溶解処理などの対策をとることは大前提です。

9回の閲覧

関連記事

すべて表示

なぜ、成功事例が社内で共有できないのか

お客様の暮らしを創造する営業 なぜ、成功事例が社内で共有できないのか勉強会で得た知識や情報を「自分のために使うか」「お客さまのため」に使うかで、その結果は大きく違ってきます。トップセールスたちの成功の秘訣は、「やり方」にあるのではなくて、「考え方(スタンス)」にあります。

トップセールスの強い武器「提言シート」

お客様の暮らしを創造する営業 トップセールスの強い武器「提言シート」をコミュニケーションツールとして利用しながら段階を踏んでお客さまとの関係を創っていき、「超提案」につなげていく。