「商品中心」でプレゼンする営業はリサーチ力も弱い

自社の商品やサービスを主役にしてプレゼンを行う方は、リサーチ力も弱いという傾向があります。

 自社商品の良いところを訴えれば、興味を持つはずだという考えですから、そもそもお客さまの問題をリサーチすることに価値を置いていません。ですから、プレゼンテーションがますますお客さま不在の、自社商品・サービスの押し付けのようになってしまうのです。

 そして、うまくいかないと「プレゼン力が弱いのだ」という方向に目を向けてしまい、「もっと説明する力をつけよう」とプレゼンテーションや説得技術の方向で努力します。

 しかし、リサーチ力が弱ければお客さまの問題が認識できません。お客さまの問題を解決する内容になっていないプレゼンテーションは、いくらやっても無駄です。今の時代には則していないのです。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

お客さまとのパートナー関係への扉を開く“うちあけ”その②

アイデアを出し合い、共通課題で合意する 「共通課題づくり」が商談におけるツボ中のツボであり、ここを押さえるか否かが、商談の正否を大きく左右します。 個別提案型商談の定義を確認しておきましょう。 「お客さまと営業担当者が一緒になって作り上げた共通課題の解決策の提案で、効果効率を上げ

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED