狭い視野でお客さまを見ていませんか?

 長年担当していても、お客さまのことをよく知らない…。なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

 考えられる要因の一つとして、狭い視野でしかお客さまを見ていないということがあります。自社の商品やサービスの範囲でしかお客さまを見ていないのです。

 そうなると、自社の商品・サービスの範囲内でリサーチし、その範囲内で説明し、その範囲内でのお付き合いを続けます。そのような関係でも、ある程度商品・サービスが売れていると、そこで満足してしまい、お客さまのそれ以外の面に目を向けなくなります。

 たとえるなら、一本の木がどのような形をしているかは見えていても、森全体がどのような形をしているかは全く見ていないということです。

1回の閲覧

関連記事

すべて表示

なぜ、成功事例が社内で共有できないのか

お客様の暮らしを創造する営業 なぜ、成功事例が社内で共有できないのか勉強会で得た知識や情報を「自分のために使うか」「お客さまのため」に使うかで、その結果は大きく違ってきます。トップセールスたちの成功の秘訣は、「やり方」にあるのではなくて、「考え方(スタンス)」にあります。

トップセールスの強い武器「提言シート」

お客様の暮らしを創造する営業 トップセールスの強い武器「提言シート」をコミュニケーションツールとして利用しながら段階を踏んでお客さまとの関係を創っていき、「超提案」につなげていく。