「買わないタイプ」をつくっているのは自分自身だ !

「買う」、「買わない」は、誰が決めるのでしょうか? 当たり前ですが、それはお客さまです。「モノが買われるのは買う側の理由によるのであって、売る側の理由によるのではない」のです。

 お客さまの立場に立ったとき、自分のことを「ネタ」として見られていたとしたらどう感じるでしょうか? それも、「このネタは腐っている」という見方をされたら…。

 営業のその気持ちは、如実にお客さまに伝わります。そうなれば「この会社は候補から外そう」という気持ちにさせてしまうでしょう。

 結局、「この人はダメだろうな…」という営業の勝手な思い込みが言動に出てしまい、結果的に、自分にとって「買わないタイプ」のお客さまには悪い印象を与え、チャンスを逃しているのです。こういったことを繰り返し、「やっぱりこのタイプはダメだ」と、自分でどんどん固定観念を深めていきます。

 つまり、「買わないタイプ」をつくり出しているのは自分自身なのです !

 「あ、買わないタイプが来た」と思っているあなた。そう思った瞬間に、そのお客さまは絶対に買う気にならないのです。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

お客さまとのパートナー関係への扉を開く“うちあけ”その②

アイデアを出し合い、共通課題で合意する 「共通課題づくり」が商談におけるツボ中のツボであり、ここを押さえるか否かが、商談の正否を大きく左右します。 個別提案型商談の定義を確認しておきましょう。 「お客さまと営業担当者が一緒になって作り上げた共通課題の解決策の提案で、効果効率を上げ

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED