「買わないタイプ」をつくっているのは自分自身だ !

「買う」、「買わない」は、誰が決めるのでしょうか? 当たり前ですが、それはお客さまです。「モノが買われるのは買う側の理由によるのであって、売る側の理由によるのではない」のです。

 お客さまの立場に立ったとき、自分のことを「ネタ」として見られていたとしたらどう感じるでしょうか? それも、「このネタは腐っている」という見方をされたら…。

 営業のその気持ちは、如実にお客さまに伝わります。そうなれば「この会社は候補から外そう」という気持ちにさせてしまうでしょう。

 結局、「この人はダメだろうな…」という営業の勝手な思い込みが言動に出てしまい、結果的に、自分にとって「買わないタイプ」のお客さまには悪い印象を与え、チャンスを逃しているのです。こういったことを繰り返し、「やっぱりこのタイプはダメだ」と、自分でどんどん固定観念を深めていきます。

 つまり、「買わないタイプ」をつくり出しているのは自分自身なのです !

 「あ、買わないタイプが来た」と思っているあなた。そう思った瞬間に、そのお客さまは絶対に買う気にならないのです。

3回の閲覧

関連記事

すべて表示

なぜ、成功事例が社内で共有できないのか

お客様の暮らしを創造する営業 なぜ、成功事例が社内で共有できないのか勉強会で得た知識や情報を「自分のために使うか」「お客さまのため」に使うかで、その結果は大きく違ってきます。トップセールスたちの成功の秘訣は、「やり方」にあるのではなくて、「考え方(スタンス)」にあります。

トップセールスの強い武器「提言シート」

お客様の暮らしを創造する営業 トップセールスの強い武器「提言シート」をコミュニケーションツールとして利用しながら段階を踏んでお客さまとの関係を創っていき、「超提案」につなげていく。