共感してくれると素直にうれしい

 人は自分の話に共感してもらうと非常にうれしいものです。

例えば、皆さんが感動的な映画を見たとしましょう。次の日、友人にそのあらすじを話します。その話に対して、

「うんうん。えー、ラストでそんなことが起こったの! それは感動するね」

 と共感してくれたら、あなたはどう思いますか? 「話してよかった」と、うれしくなるに違いありません。

 しかし、次のような反応をされたらどうでしょう? 

「ほー。あのさー、あんまり時間ないんだけど、その話、あとどれくらいで終わる?」

 このような反応では、「もう、この人には何も話したくない」と思いませんか?

 お客さまも全く同じです。話した内容を、まるで自分事のようにとらえて反応してくれる人には「もっと話そう」と感じます。

 しかし、「その話にはあまり興味ありません」といった態度では、お客さまは「話してもムダ」と感じてしまいます。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

お客さまとのパートナー関係への扉を開く“うちあけ”その②

アイデアを出し合い、共通課題で合意する 「共通課題づくり」が商談におけるツボ中のツボであり、ここを押さえるか否かが、商談の正否を大きく左右します。 個別提案型商談の定義を確認しておきましょう。 「お客さまと営業担当者が一緒になって作り上げた共通課題の解決策の提案で、効果効率を上げ

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED