共感してくれると素直にうれしい

 人は自分の話に共感してもらうと非常にうれしいものです。

例えば、皆さんが感動的な映画を見たとしましょう。次の日、友人にそのあらすじを話します。その話に対して、

「うんうん。えー、ラストでそんなことが起こったの! それは感動するね」

 と共感してくれたら、あなたはどう思いますか? 「話してよかった」と、うれしくなるに違いありません。

 しかし、次のような反応をされたらどうでしょう? 

「ほー。あのさー、あんまり時間ないんだけど、その話、あとどれくらいで終わる?」

 このような反応では、「もう、この人には何も話したくない」と思いませんか?

 お客さまも全く同じです。話した内容を、まるで自分事のようにとらえて反応してくれる人には「もっと話そう」と感じます。

 しかし、「その話にはあまり興味ありません」といった態度では、お客さまは「話してもムダ」と感じてしまいます。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

プレゼンテーション「本提案」

提案の一番の山場となる「プレゼンテーション」です。 この時点までに、お客様の個別の問題を解決するために、「共創課題で合意」をして、キーマンの同席をご依頼し、「本提案への合意」を得た段階になっていることと思います。 お客様は「どんな解決策を持ってきてくれるのか楽しみだ」といった心理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED