営業会議は業績を伸ばすチャンス!

 

 営業会議に積極的に臨み、結果として成果を上げている人は次のような考えを持っています。

① 自分の活動を振り返る絶好の機会

 営業会議では、これまでの自分の営業活動を振り返り、整理して発表します。それは、今までの動きを振り返るきっかけになります。

 つまり、進捗を発表するのは上司へのアピールや、他の人への自慢ではなく、自分の行動を確認しているのです。

② 自分自身への動機づけの場としている

 上司の質問などに対して、「では、その内容は、来週の月曜日までに仕上げます」などと、自分で期限を設けることです。

 「いつまでに」、「何をする」ということを自分自身の口から発言することによって、自分をわざと追い込んでいるのです。自分で決めた約束は破るわけにはいきません。

 このように、周りに人がいる状況の中で自分を追い込み、自分自身の動機づけにしています。

③ 我以外皆我が師の精神

 先ほどのKさんのように内職することなど、もちろんありません。他の人の業績進捗発表もじっくり聞いています。そして、疑問点はすかさず質問し、自分なりの意見やアドバイスも欠かしません。

 なぜなら、他の人の動きからも何かを学び取ろうと必死なのです。他の人の動きを、自分の営業活動に活かそうとしているのです。

 「営業会議はただの発表会ではない。生きた研修会である」という感覚です。ですから、常に、あらゆるところに目を光らせて参加しているのです。

1回の閲覧

関連記事

すべて表示

なぜ、成功事例が社内で共有できないのか

お客様の暮らしを創造する営業 なぜ、成功事例が社内で共有できないのか勉強会で得た知識や情報を「自分のために使うか」「お客さまのため」に使うかで、その結果は大きく違ってきます。トップセールスたちの成功の秘訣は、「やり方」にあるのではなくて、「考え方(スタンス)」にあります。

トップセールスの強い武器「提言シート」

お客様の暮らしを創造する営業 トップセールスの強い武器「提言シート」をコミュニケーションツールとして利用しながら段階を踏んでお客さまとの関係を創っていき、「超提案」につなげていく。