「営業の質向上」が言い訳になると業績は低迷する

企業全体の方針として、「営業の質を向上させる」という方向性を打ち出している企業は、多く存在します。


 確かに、ソリューション(課題解決)営業が叫ばれている現在、お客さまに対する問題解決の提案が求められますから、過去の営業活動よりも、はるかに質を高めなくてはならないことは事実です。


すると、「今は質が大事なんだ。昔みたいに数多く訪問すればよいというものではない」

 と、量を否定する風潮が生まれることがあります。その結果、訪問量が極端に落ち、社内で提案書を作ったり、事務処理をする姿が目立つようになります。


もちろん、社内で提案書作成や事務処理をすることは大切なことです。問題なのは、

 「提案書作成で忙しい、忙しい」 「データ入力で忙しい、忙しい」

 と、社内にいることに慣れてしまい、「質の向上」が訪問しないことの言い訳になってしまうことです。


 しかし、多くのお客さまを訪問している人は、リアルタイムでお客さまや業界の生情報も取れますし、お客さまとの関係も深くなります。特に新規開拓の場合は、「質」に訪問数の「量」が加わって、初めて業績につながってきます。


 それどころか、「量」を増やすことが、「質」の向上につながることもあるのです。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

お客さまとのパートナー関係への扉を開く“うちあけ”その②

アイデアを出し合い、共通課題で合意する 「共通課題づくり」が商談におけるツボ中のツボであり、ここを押さえるか否かが、商談の正否を大きく左右します。 個別提案型商談の定義を確認しておきましょう。 「お客さまと営業担当者が一緒になって作り上げた共通課題の解決策の提案で、効果効率を上げ

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED