新人教育は面倒くさい? 新人営業育成の基本

 そこで、新人営業の教育担当になった方のために、新人育成のポイントをお伝えします。


① まずやって見せ、内容の意味を伝える

 全くやったことのない営業活動ですから、まずは見せてあげることが大切です。

 例えば、営業に同行させるなら、「今日の訪問目的」、「話す内容の予定」などを前もって伝えておきます。


 そして、商談が終わった後には、

 「なぜ、あそこであのような話をしたか」

 「なぜ、あのカタログを使ったか」

 などの理由を説明してあげます。

 これだけでも、新人は商談の内容を噛み砕いて理解することができ、非常に成長が早くなります。


② メモを取らせる

 こちらが話した内容については、必ずメモを取るように指示します。

 メモを取って書き出すという行為そのもので、頭に入ると言われていますし、後々、見返すこともできますので、同じ質問を繰り返さなくなります。


③ まず一つ改善点を伝えて、やらせてみる

 新人にあれもこれも指摘しても、すべて消化するのは非常に難しいですし、逆に、プレッシャーを感じて、ミスを頻発することもあります。

 そこで、まずはすぐに解消できそうな改善点を一つ指摘し、それを徹底的にやらせます。そして、改善できたら大いに褒めます。

 「こんな短い時間で改善できたのか! やるな!」

 こんな少しの褒め言葉が、新人にとってどれほど嬉しいでしょうか!

 この時期は、褒めて自信をつけさせることを意識してください。


④ どんなことでも、自分の考えを述べさせる

 適宜、「○○君はどう思う?」と意見を求めることも重要です。

 最初から、仕事に対して自分の意見を持って取り組む癖をつけさせると、仕事におもしろみを感じやすくなるのです。

 また、自分で考える習慣がつけば、自分で仕事を見つけるようになり、

 「何をすればよいのかわからない…」 ということがなくなります。

 新人は、何をすればよいかわからない、という状態が一番つらいのです。

0回の閲覧

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED