携帯電話のマナー守ってますか?

 現在、我々営業にとって、携帯電話はなくてはならないツールです。しかし、その便利さを盾に取って、携帯電話の使い方を誤っている営業が多いようです。


① マナーモードについて

 商談中や会議中などは、通常、マナーモードにしている営業がほとんどです。ボタン一つで音が鳴らなくなるので、非常に便利です。

 しかし、マナーモードにしてはいるものの、バイブ機能をONにしたまま商談をしている営業も多くいます。商談中に「ブー、ブー」という音が…。お客さまから「出ていいですよ」などと言われている人もいます。

 バイブ機能も、予想以上に音が響くので、OFFにしておくのが基本です。


② アポイントを携帯電話で?

 大切なアポイントの電話を、携帯電話で行なっている営業も多く存在します。最近は途中で切れることも少なくなりましたが、途中で音が途切れたり、電源が切れたりすることも考えられます。

 そうなると、お客さまに対して大変失礼になります。大切なアポイントなどの電話は、会社でかけたいところです。


③ 会議中にカチャカチャ

 会議中や研修中に、携帯電話を見ている人が増えています。お客さまに携帯のメールアドレスを教えている人もいるので、連絡が入っていないかどうか、気になるのでしょう。

 しかし、会議中などに携帯電話をいじるのは、いわゆる「内職」です。他のメンバーが真剣に会議に集中している際に、カチャカチャと携帯電話をいじるのは、失礼以外の何者でもありません。

 このような方は、仕事に集中できないタイプです。不思議なもので、業績が上がっている人ほど、会議中に携帯電話をいじる姿は見られません。


④ 歩きながら大声で…

 歩きながら大声で携帯電話で話している人を見かけます。話の内容は、周りに筒抜けです。にもかかわらず、

 「○○商事の山田課長が、そう言ったの?それは無視していいから…。あと、△△工業の件はどうなった?」