朝の時間の使い方が業績を左右する

 そこで、「朝型営業」になることをお勧めします。朝ゆっくり出社して、だらだらと残業する営業は、おおむねお客さまとお会いする時間が少なく、業績が上がらない傾向があります。


①  今より30分早く出社してみる

 始業時間の、15分前に出社しているようでは問題外です。事務処理やメールチェックをしているうちに、あっという間に午前中が終わり、一日の半分を無駄に過ごしてしまいます。

 そこで、今より30分早く出社してみませんか? 電車も少しは空いています。そうすれば、通勤電車の中で新聞や本をじっくり読むことができ、自己啓発の時間に充てられます。

 また、人が少ない静かなオフィスで、集中してメールチェックやその日の商談の準備なども済ませることができ、遅くとも10時には会社を出ることができるのです。


② 社内打ち合わせは朝に行う

 社内の打ち合わせは、朝に行うことをお勧めします。

 打ち合わせを朝にすると、時間が限られているので、集中して効率的な討議を行うことができます。逆に、夕方以降に打ち合わせを行うと、疲れた体と疲れた頭で、ダラダラと時間ばかりが過ぎていき、非効率的になることが多いようです。

 また、打ち合わせのために早く営業を切り上げなくてはならず、お客さまにお会いする時間が削られてしまいます。


③ 月曜日の朝に仕事の優先順位をつける

 月曜日の朝、始業前に「今週中にやるべき仕事」を付箋に書いて洗い出します。その内容を、「緊急度」、「重要度」を考慮して優先順位をつけて、机の上に並べて貼ります。

 そのうえで、それぞれの仕事を一週間の中で、どのようにクリアするかをスケジュール帳に入れ込んでいきます。

 その後、毎朝終了した仕事の付箋をはがしていきます。そうすることで漏れなく、確実に仕事をクリアすることができます。


④ 勉強は朝に行う

 最近は資格を取得したり、語学を身につけたりするために、日々勉強している営業パーソンも多く存在します。