慣性経営から創造経営へとシフトせよ

更新日:2018年4月26日

求められるリーダーシップのあり方が、社会の移ろいとともに変化することは、

長年、経営にあたっているとわからないこともない。


高度成長期には、でんと構えて部下の奮闘を見ているだけで良かった殿様経営

者もいただろう。

しかし、変革期には、強いリーダーシップで組織を引っ張り、変革させなけれ

ば、生き残れない。

また、低成長期には、トップが引っ張るというより、社員の能力を引き出して

発揮できる環境を作り、総力で戦う組織にすることが求められる。


組織の規模や創業年数などによってもリーダーシップのあり方は変わる。

中小企業や創業期の組織は、トップのリーダーシップが強くなければ、組織は

前に進まない。


事業がある程度、軌道に乗り、人員が充実してくると、方向を示すこと、的確

な判断をすることがより求められるし、複数のリーダーの元、組織運営をする

ことも要求される。


これまで、何人も50人の壁、100人の壁(会社を大きくする際にぶつかる

社員数の限界)を突破できない企業経営者を見てきた。

それらの経営者に共通する傾向があるのは、「自分が全て把握しないと、納得

できない」、「部下の誤りを許せない」といった点だ。