対話こそ人事の基礎

採用、教育、配置を的確に行うにはどうすればよいかは、 人事担当者に課さ

れた永遠の課題である。


なんらかのテストで客観的に採用、教育、配置ができるのではないかと考える。

クレペリン検査は昭和初期に開発されたもので、今でも採用や登用に使ってい

る企業があると聞く。


管理者への登用を考える際にも、インバスケットをはじめ、管理者登用テスト

として、適正を測ることもある。


ある企業では、社員の働く意識や環境を定期的に確認する仕組みがある。

その会社の社員に聞いたところ「下手なことを答えると、自分が職場になじん

でいないように思われるので、そこは考えて答えます」と言っていた。

個人が特定できると、こうなるのは自然の流れだ。


最近は「人材IT」が隆盛で、従業員一人一人の職務経歴や行動傾向、研修の

受講履歴、各種スキル、各種診断結果等を記録し、適切な配置、評価につなげ

ようという動きもある。


職務経歴や研修受講履歴、各種スキル資格等は、事実を記録すればそれでよい

が、毎年の人事評価(定性目標に対する評価)、行動傾向、強み・弱みなどの

その人の特長、等々、主観的な判断が入った記録も残っていく。

また、この主観的な判断が入った記録が、将来の登用の判断材料になることも

多々あるのである。


そこで、大切なのは、主観的な判断をする項目の判断基準をできる限りすりあ

わせて、ぶれがないようにすることである。

そのためには、理念の体現をベースとし、管理職だけでなく、全社員が行動基

準やレベルアップ基準を明確に共有をしておくことだ。


そして、何よりも大切なのは、社員の情況をよく把握して、できるだけ正確な

記録を残すことである。

そのためには、上司と部下や人事担当者と現場社員との「対話」が必要だ。

それを通じて、メンバーの情況を正確に把握し、OJTを行う。

そこで出た成果や身についたスキルが、人によるぶれが少ない状態で、システ

ムに記録される。


そうすると、単に「登用」の(人をふるいにかける)ためのシステムではなく、

「一人ひとりが育ち、適材適所で仕事が謳歌できる」システムとして、社員の

強い味方になることができる。

そうすると、社員の活用も進み、より信ぴょう性の高いデータが蓄積される。


「対話」は、正確な記録につながり、社員の成長のための基礎と言える。


20160928 ジェックメールマガジンより

関連記事

すべて表示

【商談の壁を乗り越える!】住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない

住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない 私は、お客さまには比較的よい印象を持っていただき、打ち解けた雰囲気で商談を進めることができています。 また、商談においては、常にお客さまの心を開いていただいてからでないとリサーチ(お客さまの本音

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。