定着率を上げる核は良き組織文化づくり

最終更新: 3月27日


定着率の向上に関して相談を受けることが多い。

特に、高卒社員の定着率の向上は、該当するほとんどの企業、その中でもサー

ビス業では大きな課題である。

中には、最初から1割程度しか定着しないことを見越して採用している会社

もあると聞く。


「新入社員研修」をしっかりやったからといって、それだけで定着率が上が

るということはありえない。それを通じて「そうか、こうすれば、自分を生

かせるんだ」とか「上司からはきついことを言われるけど、それは成長を期

待してのことなのだ」などと、理解したとする。

しかし、配属された後、仕事が思うようにいかなければ「この仕事は自分に

向いていない」と思うし、叱られれば「俺はできないんだ、ダメなやつだ」

と落ち込む新入社員がほとんどであることが現実である。


サービス業で、比較的新人の定着率の高いお客様を見ていると、

・部門全体で育てる組織文化がある

・トップから管理者まで新人と定期的にきちんと話す時間を取っている

・キャリアプラン、ロールモデルが明確になっている

・配属現場と人事担当者の役割分担と連携が明確である

という共通項がある。


「新入社員研修」の実施はもとより、トップ から現場まで、育てる覚悟が

あることの方が重要だ。

だからこそ、トップは現場まで行って一人一人に話しかけているし、現場管

理者も育成に気を配っている。


さらにその他の社員も、自分がきちんと育てられてきたならば、新人を育て

ようという意識になる。

結果として、部門全体に、育成をする文化が醸成されていくのだ。

色々な制度構築、方法が考えられるが、おそらく核になるのは、トップの強

い思いと行動、現場で実際に指導に当たる指導員の行動の二つがこのような

組織文化づくりに大きな影響を与えている。


なかでも、 指導員は部門で期待されている優秀な社員を選抜し、その社員を

ロールモデルとして示し、育成に当たらせることが大切だ。

すると、新入社員のフォロー研修では、多くの新入社員が「指導員のように

なりたい」と口をそろえていう。 指導員との絆が強ければそう簡単には離

職しない。


一朝一夕に良い組織文化を醸成できるものではないが、いかに質の良い指導

員を育てるか、そこが定着率向上の第一歩である。

また、質の良い指導員を輩出するためにも、組織文化の醸成は必要なのである。


20161128 ジェックメールマガジンより


関連記事

すべて表示

【商談の壁を乗り越える!】住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない

住宅メーカーで集合住宅を販売している入社3年目のMさん お客さまの本音がわからない 私は、お客さまには比較的よい印象を持っていただき、打ち解けた雰囲気で商談を進めることができています。 また、商談においては、常にお客さまの心を開いていただいてからでないとリサーチ(お客さまの本音

第二の人生に備える

コロナ禍の今は、助走している時間すらないようにも思う。 おそらく、助走していた人も、今はその助走ができなくなっている。 助走するにも、方向の定めようがなくなっている人も多いだろう。 今は、新しいことに助走している人たちを応援することが必要な時代なのではないか。こういう時だから

今だからこそ「心理的安全性」の重視

弊社では、リーダーと部下との関係を相互の信頼関係で測るという理論を持っている。 上下の間の信頼関係ができていれば、お互いに同じ方向を向いて、虚心坦懐に話すこともできる。 組織内の信頼関係づくりが有効であることは間違いないだろう。