人材戦略の先見は、何から考えるのか?

ソフトバンクが英半導体設計大手のARAMを買収したのは、「産業の上流工

程を握るため」だったと知り、その戦略眼に感嘆した。


「先見の戦略」を考えるとき、現状と将来予測との間にあるものを想定するの

だが、将来予測はこれまでドラッカーの言うように人口や産業の最先端の動向

などから導き出すことが多い。

IoT時代をにらむと、その「最先端」の情報が手に入る業種が半導体の設計

ということなのだろう。


では、人材戦略における「先見」は、何から考えればよいのだろうか?

一つには、産業の高度化の流れがあげられよう。


タクシーやバスなどの交通企業は、過去、中途採用中心で運転士を集めていた。

第二種免許は21歳以上でないと、資格を取ることができない。

そのため、運転士として新卒を採用するということはほとんどなかった。

鉄道事業のように、運転士になるまでに数年をかけて駅、車掌と勤務させるな

ら新卒採用の余地はあるが、同じ交通企業のバス、タクシーには車掌も駅もな

いので、新卒ができる仕事がないのだ。


しかし、タクシー会社の日本交通では大学新卒者を運転士として採用し、バス

会社でも高卒段階での採用を始めたところがあるという。

JR各社でも「駅業務専門」の大卒を採用し始めて10年以上経つ。

これは、過去においては改札の機械化、今現在においては介護や訪日外国人の