ポピュリズムと経営

イギリスがEU離脱を決めたのは6月。

アメリカでトランプ氏が大統領選を制したのが11月。

いずれの投票行動も、ポピュリズム(大衆に迎合した政治姿勢)の結果では

ないかという報道も多くあった。

イギリスとアメリカだけではない。

ギリシャも、フィリピンも同様の傾向で政治のトップを選んだように見える。

もっとも、日本も今の政治状況を見ていると、消費増税の先送り、軽減税率

の導入論議等、大衆迎合型の施策や判断が多いように感じるので、あまり言

える立場ではなさそうではある。


「多くの国民に支持される施策を講じる」ことが悪いわけではない。

ただ、その国のリーダーとなる人が、人気取りのために不安をあおり、数の

論理で押そうとするとおかしくなる。

その結果、少数者を尊重することを忘れ、社会に軋轢を生むことは歴史が示

している通りである。

先行きが不透明だからこそ、現実を直視すると同時に未来を先見し、より良

い判断をしなければならない。



これは、経営も同じだ。

ポピュリズム的経営では、社員に中長期的視点を持たせることなく、投票や

多数決で施策を決定しようとするだろう。

あるいは、多数の株主の機嫌を取るために、無理な配当をしたり、若干の法

令違反に目をつむってでも業績を上げようとするだろう。

しかし、それではイノベーションどころか、経営の存続すら危うくなる。


経営者や管理者を人気投票で選ぶ企業はないはずだ。

経営者は、未来を見据えてリスクを負い、時には全社員の反対を押し切った

り、株主を説き伏せてでも社会全体に誠実に経営に当たるべきである。


社員や株主とのコミュニケーションを多くとり、その意見を尊重することが

悪いわけではない。

むしろ、そうすべきだ。

しかし、未来に軸足を置いて判断するときは、必ず既存の力と軋轢を生じる。

バーナードは、「人々の意思を統合して、人々の直接目的やその時代を超え

る目的を果たさせるよう自らを駆り立てる」能力こそ、リーダーの能力(管

理責任)だという。


未来を説き、ステイクホルダーの想いを統合し、正しい選択をするのが経営

者の役割ではないだろうか。


20161221 ジェックメールマガジンより

最新記事

すべて表示

弱さこそ強さ

斎藤清作というボクサーがいたことを知っている人はいるだろうか。 1964年に日本フライ級チャンピオンになった人物だ。 そのファイティングスタイルは、ひたすら相手に打たせ続け、 相手が疲れてきた後半に反撃する、というものだ。 打たれても打たれても、ひたすら前に出る。 瞼が切れ、鼻

想像力を働かせることの重要性

もう四半世紀以上前になるが、一緒に働いていた後輩に、 「相手の状況を理解できない」タイプの人物がいた。 後輩「経験してないですし、そんな他人のやっていることはわからないです」 筆者「じゃ、経験したことならわかるのか?」 後輩「バイトとかして、働いた仕事ならわかります」 筆者「想

ニーズの「束」と「核」を再点検

昨年、自宅用のPCを買おうとして、色々情報を得たが、 かなり逡巡する結果となった。 価格や付帯ソフト、CPU、メモリー等基本スペック、 さらには大きさ、色、拡張のし易さ、アフターサービス等、 PCを買おうとするだけで、かなり多くの条件を考え、悩んだ。 伊丹敬之が『経営戦略の論理

創業 1964年6月

本社:東京都豊島区東池袋3丁目1-1 サンシャイン60ビル20階|日本

TEL 03-3986-6365 

大阪 名古屋 

嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司

JECC VIETNAM COMPANY LIMITED