創造的な人と組織づくりが新たな市場価値を生みだす

人口増に比例して市場拡大が期待された一昔前と違い、今は、企業が存続し

続けるには、ドラッカーのいう「顧客の創造」以外の方法はありません。


そのためにも、企業は、市場のニーズを先読みし、新しい価値を生み出し、

市場に提供し続けることが求められています。

また、自社理念を判断基準とした価値の提供で、市場のみならず、社会への

貢献をし続けることも求められています。


このような経営を弊社では、「需要創造型実践理念経営」と呼んでいます。


「需要創造型実践理念経営」のやり方は様々ありますが、ジェックでは、

お客様がその先のお客様と共に、新たな価値を共創し、その取り組みの中で

汎用性があるものを、自社の新たな価値として商品やサービスに昇華させ、

需要を生み出すといった、現場主導の取り組みを推奨しています。


「需要創造型実践理念経営」の流れは次のようになります。


1.お客様がその先のお客様から選ばれ続けるための仮説を提言

2.お客様とともに、その先のお客様・市場への新たな価値を共創

3.お客様との取り組み状況を組織内で共有し、相互活用・進化を促進する

4.それらの取り組みから、汎用化や商品・サービス化の検討を行う

5.新たに開発した新商品・新サービスを活用し、新市場・新事業へ展開

6.以上を、理念を判断基準とし、全社の主体的な連携活動で行う<